« 標的223追記:聖夜に暗殺部隊について語るとか。 | トップページ | REBORN(リボーン)標的224の感想(ジャンプ(WJ)2009年06・07合併号) »

ユングの類型論でREBORNキャラを分類すると。

変なタイトルですみません。

スイスの心理学者ユング(Jung,C.G.)は、著作『心理学的類型論』の中で、人間を8つのタイプに分ける仮説を立てました。

その『ユングの類型論』に従って、REBORNキャラ(守護者+α)を断と偏見に基づいて分類してみました。

ええ、早い話が勉強からの逃避です。<言い切った!

↓こんな感じで書いてます↓

●タイプ名
タイプの特徴

当てはまると思うREBORNキャラ名

●外向/感覚タイプ
興味が自分の外に向き、具体的な事実に焦点を置く
五感を重視して情報を集める。事実重視。現実主義者。享楽的

リボーン、獄寺隼人、コロネロ、ラル・ミルチ、γ

●外向/直観タイプ
興味が自分の外に向き、全体像からイメージした物事の関連性や背景に焦点を置く
事実より可能性を考える。インスピレーション重視。ギャンブル的。無鉄砲に見られる

クローム髑髏、三浦ハル、フゥ太、幻騎士

●外向/思考タイプ
興味が自分の外に向き、物事を客観的に捉えて分析し、結論を導く
知性によって一貫性のある考え方をする。論理的。孤立傾向

入江正一、Dr.シャマル

●外向/感情タイプ
興味が自分の外に向き、当事者の気持ちを考えて結論を導く
感情豊か。他者を理解し援助し、調和を大切にする。社交的

沢田綱吉、笹川京子、ディーノ、イーピン、ユニ

●内向/感覚タイプ
興味が自分の内に向き、好意的な中立の立場を取ろうとする
空想家。他者の支配の犠牲になりやすい。社会に適応するのが難しい

笹川了平、ランボ、スパナ、ベルフェゴール、ルッスーリア、フラン

●内向/直観タイプ
興味が自分の内に向き、一人でいることに喜びを感じる。
自分の殻に閉じこもる傾向がある。ひらめき型。研究者タイプ

山本武、XANXUS、白蘭、スクアーロ、ビアンキ

●内向/思考タイプ
興味が自分の内に向き、物事を客観的に捉えて分析し、冷静な判断力で結論を導く
知性によって一貫性のある考え方をする。実行能力は低い。論理的、哲学的

六道骸、マーモン(バイパー)

●内向/感情タイプ
興味が自分の内に向き、無口で交際しにくい
他人の幸不幸に無頓着。芸術家タイプ

雲雀恭弥、レヴィ・ア・タン

意外な人が同じグループにいたりして、なかなか興味深かったです。自分で勝手に分類しといて興味深いもなにもないんですが・・・ええ一人遊びでございます。(言い逃れ)

で、分類し終わってから気づいたんですけど、なんか対戦したキャラが同じグループにいることが結構ありました。

獄寺vs.γ(外向/感覚)、了平vs.ルッスーリア(内向/感覚)、山本vs.スクアーロ(内向/直観)、骸vs.マーモン(内向/思考)。

似た者同士はケンカするんですかね。(違う)

ちなみに。『内的』『外的』は、いわゆる『内向的』『外向的』とはまったく別の言葉です。社交性とはまったく関係なく、『心が向かう方向性』を表す言葉です。

たとえば目の前をヒバリさんが歩いていたとします。相変わらずかっこいいですねー。

そのとき、『外向』の人は「あの人かっこいい!」と考えます。(外的な)対象物=ヒバリさんそのものに心が向くのです。なので、他人とも意見が合いやすいです。

『内向』の人は「あのかっこいい人は、自分にとってどうだろう?」と考えます。(内的な)自分自身に心が向くのです。

良い悪いではなく、ただの傾向ってことなのでひとつ。

まだまだ勉強中の身なので、いろいろ間違ってたらすみません。←予防線はってみた
そのうちクレッチマーとかもやりたいです。

今年の更新はこれで最後です。REBORNへの思いをぶつけたい一心で右も左も分からないまま始めたブログも、気づけば4ヶ月が経ちました。

こんな色気もなにもないテキストサイトを読んでくださる方、本当にありがとうございます。

来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください。(深々)

|

« 標的223追記:聖夜に暗殺部隊について語るとか。 | トップページ | REBORN(リボーン)標的224の感想(ジャンプ(WJ)2009年06・07合併号) »

●04.考察・企画モノ」カテゴリの記事