« 第5回人気投票の結果を予想してみる。(夢の対決部門) | トップページ | REBORN(リボーン)標的259の感想(ジャンプ(WJ)2009年44号) »

アニメREBORN感想(標的149~標的152)

今日(日曜)、一気に4話を見ました。
夜中の1時半頃に見始めて3時頃に見終えました眠いです。

で、うーん、やっぱり、アルコバレーノの謎の核心に近づいてきちゃったかな・・・という感じです。本当は原作で見たい部分ですが、仕方ないのかな。
とりあえず、アニメは何度も見返せないので、感想というよりは要点の覚え書きをしておこうと思います。

●標的149:「リボーンの試練」より

・並盛町から手漕ぎボートで行ける範囲に、並盛島という島がある
→並盛町って、海もあり山もありで結構のどかな感じですよね。「並盛海岸」があるので、海に面した町だなーとは思ってましたが、わりに大きな無人島もあるみたいです。

・アルコバレーノたちは、「自分たちが呪いを受けて赤ん坊になる」ことを知らされていなかった
→『オレたちは誰一人としてふざけた状況をすぐには受け入れられなかった』というリボーンのセリフから。

「なんらかの試練を受けて、トゥリニセッテの一部(おしゃぶり)の守護者になる」ことは分かっていたが、赤ん坊になるとは思っていなかったようです。リボーンたちをおしゃぶりの守護者として選び、試練を受けさせたのは・・・誰?

その「誰か」は、赤ん坊化することを知っていたのか(リボーンたちにはわざと言わなかった=騙した?)、本当に知らなかったのかは分かりませんが、その「誰か」にも、呪いを解くことはできないようです。

・ただし、ルーチェは知っていた
→未来視の能力?

・『シャマルによって過去の経歴をすべて抹消し、いまのリボーンとなった』
→原作の「リボーンを取り上げたのはシャマル」という記述のフォローかと思います。
リボーンの年齢計算については標的254感想で少し書きましたが、コミックス未収録回ですので、以下に本誌バレしない部分のみ載せておきまする。

---------------------------------------

(前略)

ルーチェの出産がアルコバレーノ化する前だったと仮定して、ユニが推定10歳前後まで成長している(ただし10年後世界の話=10年前にアリアがユニを生んだ?)ことと合わせて考えると、

<A>ルーチェさん、アルコバレーノの中では1世代くらい年上だった
<B>アルコバレーノ、リボーン含め結構トシ!!

・・・のどちらか?という結論が導きだされる(ノォォ!!!

ラルの回想でコロネロとラル以外の顔がはっきり出なかったのは、ほかの方々は結構お年を召していたから、とか。コロネロとリボーンの関係は同輩っぽいんですけどね。

たとえば、

ルーチェ20歳、アリアを出産 (★a)

ルーチェ40歳、アリア20歳、ユニを出産 (現代) (★b)

ルーチェ50歳、アリア30歳、ユニ10歳 (未来編)

※ルーチェとアリアの年齢は、生きていたら、ということです。
※状況を整理するためのもので、ユニ含め、年齢は全部適当です。

・・・とすると。

<1>リボーンたちの年齢をルーチェと同年代にするかどうか
<2>アルコバレーノ化をどのタイミングにするか

・・・で、リボーンたちの年齢が変わってくるわけです。

<2>は、、、
(★a)に近いなら、みんなアラフォー。
(★b)に近いなら、別に何歳でもOK。

赤マルのポスターとかだと、全員だいたい同世代っぽいんですけど。あれはイメージ映像かな?

あとは、一度アルコバレーノ化した&10年前は赤ん坊姿だったラルが10年で推定18-20歳の姿に成長してることとかも不思議。アルコバレーノたちの成長軸はまだまだ謎が多いです。

(後略)

---------------------------------------

・・・で、今回のアニメでアルコバレーノは全員ほぼ同年代(ルーチェさん1人が超年上ではない)っぽいことが分かりましたから・・・

<A>ルーチェさん、アルコバレーノの中では1世代くらい年上だった →不正解
<B>アルコバレーノ、リボーン含め結構トシ!! →正解?

となる、かも。
ジャンプで主人公格がアラフォーって珍しいな。こちかめか(笑

●標的150:「閉ざされた道」より

・『僕たちが元の姿に戻るためには彼も必要だからね』
→・・・というマーモンのセリフ。彼=ヴェルデですが、そうなんだ?

・『7人の誰も欠けちゃならねー。それだけはどうしようもねーんだ』
→リボーンもこんなこと言ってます。
呪いを解く努力を一番していたのはマーモンだと思いますが、リボーンたちも、その方法についてはある程度把握している様子。

・『奴が掟を破らなければだ』
・『もし掟を破りトゥリニセッテを乱すようなことがあれば』

→リボーンたちおしゃぶりの守護者にも掟があるようで、「トゥリニセッテを乱す」行為は禁忌のようです。

●標的151:「虹のそろう時」より

・ノン・トゥリニセッテを偶然発見したのはヴェルデ
→・・・だそうです。
そして、「発明」ではなく「発見」。細かいですが、もともと自然界に存在する物質なのかな?

●標的152:「ボスの覚悟」より

・γはビアンキを知っている(ただし「毒サソリ」として)
→ビアンキ17歳は、マフィアの世界でしっかり名が売れてるんですね。お父さんがマフィアのボスだし、有名人リボーンとコンビ組んでたことがあるくらいだから当然かな。
10年後にその毒サソリの弟とバトることになるとはまだ知らない、若きγさんです(笑

アニメの覚え書きは以上ですー。

今日、電車で座っていたら、前に立った人と隣に座った人の両方が早売りジャンプ読んでて思わず「!?」ってなりました(笑

「そのままあみだなのうえにおくんだ」と念じてみましたが、無理でした(笑

・INDEX-その他雑記に戻る。
・TOPに戻る。

|

« 第5回人気投票の結果を予想してみる。(夢の対決部門) | トップページ | REBORN(リボーン)標的259の感想(ジャンプ(WJ)2009年44号) »

●08.その他雑記」カテゴリの記事