« REBORN(リボーン)標的262の感想(ジャンプ(WJ)2009年47号) | トップページ | REBORN(リボーン)26巻感想 標的238〜247 その7 »

第5回人気投票結果のこと。その1

先ごろ発表された第5回人気投票結果について♪
びっくり、とかやっぱり、とか、お気楽に語っていきたいと思います♪

まずは投票結果ー。
「予想」というのは、9/22の記事で行った結果予想の順位です♪

<好きなキャラクター>

1位:沢田綱吉
(予想1位/前回1位/前々回2位)

2位:雲雀恭弥
(予想2位/前回2位/前々回1位)

3位:獄寺隼人
(予想3位/前回3位/前々回4位)

4位:六道骸
(予想4位/前回4位/前々回3位)

5位:XANXUS
(予想7位/前回5位/前々回8位)

6位:ボンゴレⅧ世
(予想圏外/前回10位/前々回圏外)

7位:スペルビ・スクアーロ
(予想6位/前回6位/前々回6位)

8位:ディーノ
(予想8位/前回7位/前々回7位)

9位:山本武
(予想5位/前回8位/前々回5位)

10位:リボーン
(予想9位/前回9位/前々回9位)

--------------------------------

11位:フラン
(予想11位/前回圏外/前々回圏外)

12位:クローム髑髏
(予想12位/前回13位/前々回1位(女の子部門))

えっと、こう見るとよぉぉぉく分かるんですが、ダニエラ様が前回10位から6位に急浮上したこと以外、10位まで前回といっさい順番が変わっておりません(笑

1位~5位まで同じで、6位にダニエラ様が乱入し、7位以下はスコココン、と逆だるまおとしのようになったかたちです。すごいなこれ(笑

以下、個別にぶつぶつとキャラ語り。

1位:沢田綱吉
(予想1位/前回1位/前々回2位)

ふ ふ ふ ふ ふ ふ 。(口元注意)

ツナの1位がとっても嬉しいツナFanです♪えへへ~♪やった~♪

ツナは、なんていうか、いい意味で普通っぽいとこが好きです。

怖いものは怖がって、悲しいことは悲しがって、人が傷つくのが嫌いで、小さい子には優しくて。いつまでも落ち着きがないし、気弱なのに周りの人を全力で守ろうとする。自分が傷つくのは怖い。でも周りの人が傷つくのはもっと怖い。

一言で言うと、なんだろう、「素直」?「普通」?いずれにしても、ツナの言動には共感できるし、いつも心から応援したくなる。そんな魅力にあふれた主人公だと思います!連覇、本当におめでとう!!

2位:雲雀恭弥
(予想2位/前回2位/前々回1位)

結果予想記事で「落ちるわけがない」と申しましたが、本当に落ちるわけなかったヒバリさんが2位です!1位のツナとは2431票差でした。

ヒバリさんは、一言で言うと、やっぱり「かっこいい」「きれい」かなぁ。謎も多くてかなりな勢いのミステリアスさんなんですが、「並盛大好き」とか「口調がかわいい」とかのステキ要素がいー具合に好奇心を刺激してきて気になります。不思議な人だよなぁ・・・。

ベルとかもそうですが、「実力」と「自信」をもって「自由」にふるまう人にあこがれます。ツナに「応援したい」「共感する」と感じるのとは対照的に、ヒバリさんには「憧れ」を感じてます。

3位:獄寺隼人
(予想3位/前回3位/前々回4位)

3位は獄寺です!2位のヒバリさんとは399票差でした。

獄寺は、一言で言うと、「かわいい」「繊細」「まじめ」かな・・・。

獄寺の、対人関係における「バランスの悪さ」やら「不器用さ」やらにはときどきハラハラしますが、でもその少し不安定で危なっかしいところが魅力でもあるので、変わってほしいようなほしくないような。

ツナへの一途さが魅力であり、ツナへの依存心の高さが心配でもある人。なので、γさんと初めて戦ったときの山本とケンカしたエピソードは、たいそう嬉しかったのを覚えています。

日本に来てから、ツナや山本をはじめ、周りの人に恵まれまくっている獄寺なので、もっと周りを信じて、肩の力を抜いて、楽に生きてくれたらいいな、と思います。真剣に、絶対に、なにがなんでも、幸せになってほしい人。それはキャラみんなにいえるんですけど。

4位:六道骸
(予想4位/前回4位/前々回3位)

4位は骸さん!3位の獄寺とはなんと57票の僅差でした。

骸さん。自分はなぜかいまだに「さん」付けしてしまうんですが、それはやはり登場回数が少ないので、なんとなくなれなれしくできないためと思われます。自分の方が人見知りしている状態です(汗

なんだろう、気軽に好き好き言えないこのバリア。コミックスおまけページではあんなにお茶目さんなのに!やっぱり本編でもう少しハジけてもらわないと!(こら

骸さんを一言で言うと、「謎めいてる」そして「優しい」かな。身内の犬や千種やクロームちゃんに見せる献身的ともいえる優しさが、骸さんの最大の魅力だと思います。強いがゆえに孤独をまとう人。もっと出てきてくれないかな、と願ってやみません。

5位:XANXUS
(予想7位/前回5位/前々回8位)

5位はXANXUS様。ここから票数不明です。上位4人が全員余裕の1万と3000票越えだったので、5位のボスもかなりの票を集めたと思われます。ヴァリアー内1位、おめでとう!

ボスは、ヴァリアー編のときもその俺様的にブレないキャラが好きでしたが、ビジュアルでいうと圧倒的に10年後ボスのが好みです。危うくストライク奪われるところでした。目にかかる前髪やらフッサフサの黒髪やら相変わらずのオレオレキャラやら、で出番は短かったけどすごいかっこよかったです。愛猫ベスターとの仲良し感も最高でした!

6位:ボンゴレⅧ世
(予想圏外/前回10位/前々回圏外)

今年も来ましたね、ボンゴレⅧ世ことダニエラ様(笑)まさか順位を上げてくるとは(笑

なんだろう、セレブなダニエラファンが50万円くらいハガキ代につっこんだんだろうか(50万円=ハガキ1万枚)それとも、イタリア全土のコーサノストラが「女ボスいーじゃん♪」みたいに結託してせっせとハガキを書きでもしたんだろうか。

えー。ここからは。
ダニエラ様に華麗に一段ずつ蹴落とされた人々でございます(笑

7位:スペルビ・スクアーロ
(予想6位/前回6位/前々回6位)

ヴァリアー内人気2位は、スクアーロ!わぁい!このくそまじめで沸点の低いお兄さんが大好きですので、とっても嬉しいです♪

上位陣があまりにも鉄板ですので、TOP5に入るにはアーロと共にガラスの天井を突き破らないといけません。今後も健闘を祈ります!

8位:ディーノ
(予想8位/前回7位/前々回7位)

続いてはディーノさん!自分の中でこの方は、性格外見地位強さ、すべてにおいてのミスター・パーフェクトです♪
10年経ってもドジっ子が治ってなかったことには素で驚愕しましたが、それもまた欠かせない魅力のひとつですね!だってかわいーから(笑

9位:山本武
(予想5位/前回8位/前々回5位)

9位は山本!個人的にこういう闘志を内に秘めるタイプの人が好きなので、活躍すると本当に嬉しいです。テストの成績は悪いみたいだけど、野球バカとか言われてるけど、内面はかなり大人だと思います。冷静に、淡々と、物事を語りそうだ。

成績がふるわない理由は、補習のエピソードでもあったように「野球にのめりこんでるから」の一言に尽きるんですねきっと。「なんでもできる人」が一つのことに力を集中させたらどれだけすごいか、を体現しているような人だと思います。剣にしろ野球にしろ。

10位:リボーン
(予想9位/前回9位/前々回9位)

10位はリボーンです♪やっぱりTOP10には入ってほしいので、ホッとしてる自分がいます!大人姿なんかもちょいちょい出てきて、いままでの「かわいいチビキャラ」から着実に脱却してきてますね。大人リボーン先生は出てくるようで出てきてないので、そろそろどどーんと日の当たる場所に出てきてくれないかな、と期待中です!

11位と12位が何気に予想が当たってご機嫌です(笑)結果的には、12人中7人が当たりました。10人中4人しか当たらなかった去年よりは進歩したみたい(笑

そんな11位は初登場のフラン。ライバル(?)ベルセンパイの頭を踏み越えて、ヴァリアー内順位3位と健闘したフランが美味しいです!そして12位はクロームちゃん、ダニエラ様を除けば(笑)不動のヒロイン1位!おめでとう!

長々と語ってしまいました。ふぅ。ときどき、こーやってキャラ萌えを語らないと、溜まって溜まって大変なんです。そのために作ったブログだったりしますので、どうかご勘弁を。

タイトルに「その1」とありますが、「その2」は12月か1月に夢の対決部門の結果について語りまくる予定です!そっちも楽しみだ!!

・INDEX-考察・企画モノに戻る。
・TOPに戻る。

|

« REBORN(リボーン)標的262の感想(ジャンプ(WJ)2009年47号) | トップページ | REBORN(リボーン)26巻感想 標的238〜247 その7 »

●04.考察・企画モノ」カテゴリの記事