« REBORN(リボーン)標的270の感想(ジャンプ(WJ)2010年02号) | トップページ | REBORN(リボーン)27巻感想 標的248〜258 その5 »

REBORN(リボーン)標的271の感想(ジャンプ(WJ)2010年03・04合併号)

※WJ2010年03・04合併号の感想です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。●WJ感想

     標的271:「黒曜集結」
****************************
***
   「はーい本番いきまーす!」
*******************************

●今週のスパナさん

ユニ:「山本さん達もここに向かっています」

ォォォオッケェイィィィィ!!!

今年最後のジャンプ!ということで、自分の年末年始のテンションが決まるとてもとても大切な号でした。でも前回のカンジからして大丈夫じゃないかなーと割と楽観しておったんですが、うんサブタイ見た瞬間に予想が確信に変わった。

今週はギャグパートだと!!(待 て

だって「黒曜集結」ですよ。あのキャラ天国「黒曜」がまさかの「集結」ですよ。ギャグパートでないわけあるか。

・・・てな確信のもと読み進めたところ、それはもう凡人の予想をはるかに上回るM-1グランプリ。ってことで今年最後のWJ感想、以下順番にリポートしていきたいと思います!

一枚絵の表紙。は。まさに「黒曜集結」!
クロームちゃんを除いて10年後組ですね。前面に立つ女の子2人がかわいいです!

あとすげえ気になるのが、真ん中で機能停止してるフランですね。制服着させられてんよというカエル帽子に次ぐイジメポイントもとてもスルーできませんが(頭も身体もイジメコスプレって逃げ場ないな)、なんかこのお人形さんぽい感じが気になります。

不死身フランの謎については、今話でも惜しくも明かされなかったわけですが、人工物っていう可能性はあるんだろうか。モスカの兄弟機とか。

ベル:「おーいフラン」
フラン:「ハーイセンパーイ」

ああ・・・

なんとかわいい・・・(恍惚)

かわいいかわいいよ会話がかわいいよ!なにこれ!やだ!(←?

フラン:「幻覚っていうのはドッキリみたいなもんですからー」

うぐっ・・・!!!
(←2回も騙された人

あっさり言いやがって・・・この・・・カエルめ・・・大好き(おい

骸:「ちがいますよ」

知ったかぶりしてアッサリ間違えるフランかわいい。おまえまさか本当に「出来の悪い子」なんじゃないだろうな・・・骸さんの謙遜とかじゃなくて・・・。

いや、復讐者を欺けるツートップの1人のはずだからそんなことないと思うんですけどね。
あれか。幻術の才能はばりばりあるけど頭が足りないとかそういう残念なパターンか。

頭いいフランも素敵だけど、アホの子だとしても素敵ですね。うん素敵ですね。

このあたりのフランとベルと骸さんの会話がまじ楽しすぎでした。ベルと骸さんが喋っ・・・てはいないけど、同じグループで会話か・・・ありえなかったもんな・・・。

あ、次のページでフランが再び頭グッサーされてんのは、絶対に骸さんがフランの

「パイナッポー頭」

に過敏反応なさったためと思われます。ああカエルが壊れていく。そして「出所」って言うな(笑

犬:「何らとフラン!」

犬が「フラン」って呼んだだけでその新鮮さにドキドキしてしまう重症患者です。そしてフランは骸を「師匠」、犬を「犬ニーサン」と呼びますが、さて柿ピのことは何と呼ぶのでしょうか。

1.かきニーサン
2.ちぐニーサン
3.たねニーサン

個人的にはもう「柿ピーニーサン」とかでいいと思います。長いけど。

骸:「感謝しますよ XANXUS」

えっと、XANXUSはフランが骸の弟子と知った上で「預かって」いたのかと一瞬そのまま受け取りかけたんですが、いやいや、「預かる」というのは言葉のアヤか。

骸さんが、フランがヴァリアーに強制拉致されたことを指して言っているのなら、つまり、

骸:「(ウチの弟子ラチるとかやってくれんじゃねーのXANXUSでも残念でした僕が来たからにはおチビは返してもらいますよだから貴方は単に「預かった」だけなんですいやーちょっと目を離した隙にほんと好き放題してくれちゃって)感 謝 し ま す よ

・・・っつー強烈な皮肉ってことか。

うーんどっちかな。ニラミ合う骸とXANXUSを見てたら、やっぱり120%皮肉な気もしてきたぞ。


あとは、メガホンカエルとか骸さんにイラつきっぱなしのヒバリさんとか、見所もりもりの前半戦でした。ああ楽しい。あとひとつ言うなら、

フラン:「病み上がりみたいなもんなんだから」

なんだこれ・・・。
優しいなフラン・・・!

M.M:「ムカツク女!」

いやあの。
M.Mちゃんの性格の悪さがひどい(笑

たぶん彼女は、「霧のボンゴレリングを持つクロームを見つけて、骸のところに誘導する」っつー役割だったんだと思うんですが、私情によるオプションがひどい(笑

この時代のクロームちゃんの受難が見えるようです。M.Mちゃんに一方的にライバル視されて相当苦労してるとみた。

「REBORNヒロインズをイジメる者すべて敵」と思っている自分ですが。それはもう、ヴァリアー編でクロームちゃんを人質にとったってことで大大大好きなベルにすら瞬間的に怒りを感じるほどに筋金入りの過保護っぷりを発揮する自分ですが。

こうヒロインvs.ヒロインってことなら、うんまあまあ微笑ましいかな(まじか

白蘭:「予定通りじゃない」

味方が増えれば敵も増えます。ってことで、久々登場の白蘭サンと、謎だらけのGHOSTさんの登場です。GHOSTさんは無事出所してしまった模様。いくら積んだんだ。今回、骸さんがカエル・ストップで一歩引いてるようなので、できれば白蘭サンと骸さんの再戦、いや再々戦とか見てみたいなーと思います。うん。

桔梗:「白蘭様・・・早すぎる!」

ラストは見開き仕様のGHOSTさん。なんですが。いやあのえっと。

背後に恐竜がいたり(火山じゃないけど)爆発したりってところにオールヌードでご登場されるとなんか歴史の教科書の最初の方のページとかみたくなる。

あ、ベルとフランが同じコマにいるのがちょっと嬉しかったです。

本編の感想はここまでで。今話は大好きなフランがべらべら喋ってくれてお腹もいっぱいなら胸もいっぱいです。かわいい。ほんとかわいい。

そして今号には「スペシャル4コマ漫画詰め合わせ!」として、各作品1本ずつ、4コマ漫画がついてます♪こういうのはコミックスに収録されないことも多いようなので、もし未読の方はぜひ本誌をチェック☆(何ポジションだおまえは

4コマ詰め合わせは微妙にお正月っぽい表紙ですが、中身は「クリスマスの過ごし方」!京子ちゃんとハルの完璧な準備に嬉しそうなツナがかわいかったです!ツナの笑顔とか何気に貴重なんで・・・そしてリボーンはぜひリボ子で登場してほしかった(笑

おまけ企画「お年玉もらえるとしたら」。REBORN代表はツナと思いきやリボーンでしたがこれはいつものことですね。そして「エスプレッソにマグはおかしいです」とお約束的にツッこんでおこうと思います(笑

本誌付録のケータイカレンダーでは、

・雲雀が入学早々、風紀委員長になった日
・ツナがリボーンに100回どつかれた記念日
・ツナがテストで10枚目の0点をゲットした日!
・リボーンが生まれて初めてかぶり物をかぶってみた日

が分かります。どれも「記念日」というにはあまりにも微妙なところがいい(笑
最重要情報としては、「ヒバリさんは入学したときから委員長でした」ってところですか。だからいったい何歳なんですか(笑

あ、自分の誕生日は何も起こらなかった日のようでちょっとさびしいです(笑

今週の感想はここまでで。WJが今年の最終号、ということで、WJ感想オンリーでいらしていただいてる方には、この記事が今年最後の更新になります。

マイペースに、ノーストレスに、わがままに、営業中のREBORNブログですが、少しでもどなたかのREBORNライフに彩りを添えることができていたら、本当に、嬉しく思います。

Merry Christmas and Happy New Year.

来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください(深々

・WJ02号・標的270「窮地」の感想はこちら。
・WJ05・06合併号・標的272「GHOST」の感想はこちら。

・INDEX-WJ感想に戻る。
・TOPに戻る。

|

« REBORN(リボーン)標的270の感想(ジャンプ(WJ)2010年02号) | トップページ | REBORN(リボーン)27巻感想 標的248〜258 その5 »

●01.WJ感想」カテゴリの記事