« REBORN(リボーン)標的272の感想(ジャンプ(WJ)2010年05・06合併号) | トップページ | 天野明先生のジャンプ巻末コメント記録 »

REBORNが16禁の国。

ヘンなタイトルですみません。

「15禁」「18禁」はともかく「16禁」って言葉はないと思うんですが。
ちょっと面白いことに気づいたので書いてみます。

ジャンプは合併号だしコミックスは発売月じゃないしこんなとき人は何をして過ごせばいいのでしょうか?そうです勉強です。(えー)ってことでREBORNの英語版コミックスを読み返そうとして、「ん?」と思いました。

表紙をぺらぺらん、とめくると、ページの下の方にひっそりと、しかししっかりと、書いてある注意書きのような文章。

PARENTAL ADVISORY
REBORN! is rated T+ for Older Teen and is recommend for age 16 and up.
This volume contains alcohol and tobacco use and graphic, realistic violence.

えーと要するに「子供が鑑賞する際には保護者の指導が必要」
そして「16歳以上推奨」っつーことみたいです。

理由は「飲酒、喫煙、リアルな暴力表現が含まれるから」とかそんなん。

REBORNが16禁とか…えええええ、って思うんですが、裏表紙にもしっかり「T+」マーク(10代後半以上向けであることを示すマークらしい)がついてます。彼らは本気です。

彼らって誰よ、といいますと、英語版REBORNの発行元・アメリカのサンフランシスコにある会社です。サンフランシスコは一度だけ行きましたがええとこでした。ちなみにその前に行ったロサンゼルスでは、本屋で日本の漫画(の英語版)が一区画を占領してました。

いわゆる萌え系コミックスっぽいのも結構並んでたし画集なんかもあったし英語のジャンプ(SHONEN JUMP)も売ってました。いまさらですがすごいぜジャパンカルチャー。ただし「SHONEN JUMP」の中身は日本のジャンプの漫画がそのまま載っているわけではなく、「BLEACH」が2話分載っていたり、同じ号に「幽遊白書」が連載されていたり、鳥山明先生の作品も載っていたりと、混成チームっぽい感じだったと思います。そして月刊誌です。

ロサンゼルスに行ったのは約1年半前、自分がまだREBORNを知らなかったときなので、SHONEN JUMPにREBORNが載ってるかはチェックしなかったんですが、公式ページ(ここ)を見る限り、載ってないみたいです。コミックスだけ発行されてるんですね。

で、なんか気になって調べてみた「T+」マーク
このページの、下から2番目のマークがそれです。

分類を見てみると、

<分類>
1.全年齢向け/2.10代前半以上/3.10代後半以上/4.成人のみ

何を見て分類しているかというと、

<チェックポイント>
暴力表現/性的表現/乱暴な言葉/飲酒・喫煙表現/薬物使用の表現など

で、その結果、REBORNは「3.10代後半以上」とされています。

ちらちら見てみたところ、たとえば「テニスの王子様」や「ヒカルの碁」は「1」。
「SLAMDUNK」や「ONE PIECE」は「2」です。

SHONEN JUMPに載っている作品で、唯一の「3」は「るろうに剣心」。「1」か「2」じゃないとSHONEN JUMPには載せてもらえないんじゃないの、という自分の仮説はここで崩されました。でも他の作品は全て「1」か「2」です。

つか「幽遊白書」や「ドラゴンボール」が「2」でREBORNが「3」てちょっと不思議な気もするんですが、やっぱりリボーン先生がピストル乱射してんのがいけないのかな(笑

話がさらにそれますが、ローマでも「DEATH NOTE」とか「BLEACH」とか普通に売ってたと思います(うろおぼえ)。フランクフルト空港ではキオスクにドイツ語の「ONE PIECE」置いてたんで1冊買ってみました。ドイツ語なんて1文字も読めないくせに。

そういえばヴァチカンで「D.Gray-man」売ってたらアツいぜと思って本屋に入ってみましたが、店によるのかもですがやっぱり宗教書しか売ってませんでした。そもそもイタリア語版は出版されてないのかもね。閑話休題。

えっと、それで、喫煙」行為についてはあの爆弾少年しか心当たりがないわけですが、REBORNが(たぶん)暴力表現で引っかかるとか意外とキビしいんだな英語圏、と思った次第です。

この「PARENTAL ADVISORY」は1巻から現行13巻まで全部の巻に書いてありますので、巻ごとではなく、作品全体を見て判断してるのかもなぁ、と思います。

国が違えば「少年」ジャンプという概念もぜんぜん通用しないことにちょっと驚き。だからって本気で15歳以下に売らないわけじゃないんだろうけど。

そんなことをぶつぶつ呟いてる間に、英語版REBORN最新14巻「The Sky Battle」が明日くらいに届きます楽しみです!「The Mist Guardian」(霧の守護者)さまの大暴れの続きが見られるかと思うとわくわくなんです♪♪

・INDEX-その他雑記に戻る。
・TOPに戻る。

|

« REBORN(リボーン)標的272の感想(ジャンプ(WJ)2010年05・06合併号) | トップページ | 天野明先生のジャンプ巻末コメント記録 »

●08.その他雑記」カテゴリの記事