« REBORN(リボーン)35巻感想 標的331〜341 その1 | トップページ | REBORN(リボーン)35巻感想 標的331〜341 その2 »

REBORN(リボーン)標的348の感想(ジャンプ(WJ)2011年35・36合併号)

※WJ2011年35・36合併号の感想です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。●WJ感想

  標的348:「マーモンと新戦力 その2」
**************************************
          「妖精 見える」
**************************************

ボケ祭り続行中(夏だけに!) (←今週のあらすじ)

扉絵怖い扉絵怖い扉絵怖い扉絵怖い。

なんかすごい「サンキスト!」って叫びたくなったけどあれはオレンジか。じゃあ「バヤリース!」(変わらない)

うんと、今週まず特筆すべきことといえば、これだけ大騒ぎしておきながら物語的には何一つ進展していないってことですか(ごーん)フランがどちらに付くかもヒミツだし刺されても大丈夫な理由もヒミツだし被り物の下がどうなってるかもヒミツだしついでにアルコバレーノの秘密もおあずけだし。まさに大山鳴動してカエル1匹。違った、リンゴ1個(ぶるぶる)

テイスト的にはオマケ4コマが1話分に拡大された感じで楽しいすげえ楽しい。シリアスやバトルも大好きだけど、でもずっとこんな感じで平和なお話が続いても・・・別に・・・いいよ?(チラ見)

できれば月曜の朝は疲れるより幸せな気持ちでいたい自分です。

アオリ:「背後に迫る暗殺部隊と脱獄囚・・・」

うっかりスルーしそうになったけど、骸さんは復讐者の許可を得て無罪放免になってるはずなので、あと犬と千種は家光パパンとの取引でこれも無罪放免になってるはずなので、この「脱獄囚」のアオリは誰のことを・・・あ、M.Mちゃん?(ひいい)

ルッスーリア:「一人遊びかしら・・・?」

桃太郎的な(ドンブラコッコ!)

フラン:「んー?」

か わ い い 。

かわいいかわいいかわいいかわいい!!!(落ち着け)

目の下の模様はこの頃からあったんだ・・・魔除けのお化粧とかそういうのなんだろうか。下まつ毛じゃないよね(ない)

このアップなフランもかわいいけど、下の「やべ」のコマのフランも超絶かわいい。口がかわいい。がしがしかわいい。ぜんぶかわいい。

フラン:「妖精見える」

妖精はむしろキミ(かわいい的な意味で)

そしてこのあとずーーーっと幼児特有のマイペースに巻き込まれて右往左往する年長者どもが楽しくて仕方ない(笑)このフランはたぶん5歳か6歳か7歳かそれくらいだと思うんだけど、この年頃の子どもがオリジナルで歌ったり踊ったりする変歌や変ダンスがすごくよく表現されてると思う(笑)クネクネダンスかわいいかわいいかわいいさらいたい。

年齢出るかなぁ。5歳だと5歳児ランボさん&イーピンの外見と違いすぎるから5歳ではないと思うんだけど。10年後フランの年齢も知りたいし出来れば出てほしい。プロフ知りたい!

骸:「フラン 僕です!」

骸さんに若干ナルの気があることはうっすら感じてましたが、この「僕のことを忘れる者などいるわけがない」的な自信に満ちたカオとその後の展開がもう楽しくて仕方ない(笑)まあ実際M.Mちゃんなんて10年経っても覚えててくれたしね。でもそれだけに続く「放しなさい千種 私も若いのです」は今週一番笑ったところ(ちなみに二番目は「来年の中元」(笑))

スクアーロ:「虫歯菌は妖精でもねぇだろうぉが!」

ボケにボケをかぶせまくる展開に、ついに動いたのはやはり隊長でした。
毎度の気配りおつかれさまです(笑)

フラン:「いかにもオリジナルって感じのダサダサナイフ投げてきたー!」

うわぁ・・・。

10年後と悪態のつきかた同じだよこの子。もう潜在意識的なところでダサいと思ってるんだそうなんだ(笑)

続く、逃げ回るフランを追い回す人々の図についてはもうフランがかわいいやら大人どもが不憫やらフランがかわいいやらでニマニマです。あと犬はパンツで骸さん千種とおそろ柄してたのがかわいかった(笑)

そしてリンゴが幻覚とは完全に予想外。(おばあちゃんったら・・・)とか思ってた自分を許してください。

スクアーロ/骸:「フランをくれてやる/差し上げよう」

うん。

このシーン超楽しかった(笑)

美味しいとこどりする気マンマンなダメ大人どもが最高(笑)おまえら(笑)

あと単純にこのコマのスクアーロと骸さんが2人ともかっこよくてステキでした(小声)(なぜ小声)

M.M:「前金で10億ね」

この「10億」の単位が仮にユーロだとするとM.Mちゃんの要求額は日本円にして約1千億円ということになります(ひええ)しかも「前金」ということはこのあとも適宜オカネがかかるということでなんとも恐ろしい。まあ、単に「あなたと付き合う気はないわよ」という断り文句なのかもしれないですけど(笑)

でもM.Mちゃんの容姿が客観的に褒められたのはなんだか嬉しかった(笑)

マーモン:「お前達は!」

フラン編がいったん中断、マーモン編!です!わーい風さん風さん♪

アリアさんは行方不明なんですね。うーん、未来編での持田先輩やロンシャンといい、REBORNでは行方不明=生死不明みたいなところがあるので心配です。未来が変わって、今はジッリョネロにいるわけじゃないのかな?ユニちゃんともども登場してくれることを願ってます。いや本当に。

γさんとかもね・・・出てこないかな・・・(うずうず)

フラン:「こっちの集団についていきますー」

おばあちゃんはいいのか?と思いつつ、ううう結果分からないのかー。マーモンの動向により霧の幹部が一時的に空席になるならヴァリアーかな。普通ならいきなり幹部になるってことはなくて一隊員として入ると思うけど、8歳で入隊したベルがゆりかごのXANXUS側(幹部?)についてるからなぁ・・・あの組織に常識は通じない(笑)

もしくはリンゴとパインの果実つながりで黒曜組かなってどんな伏線だよそれ(バーモントカレー)

そして次号の舞台は並盛に戻るらしいです。そしてなんだか素敵な日常編続行の様子♪わあい♪日常編といいつつも次章への布石っぽい感じなので、毎度毎度の「最終回恐怖症」も薄らいできました(ホッ)

とりあえず「並盛中にやってくるアノ子」イギリスからの留学生だと期待する自分。でも「アノ子」っていったら女の子かなぁ・・・ハルか大人イーピンかまさかのユニちゃんか、でもきっと既存キャラなので誰でも楽しみです!

今週の感想はここまでで。巻末の「教えて先生」(読者から漫画家への質問コーナー)が今週は初の天野先生でした♪

質問:「天野先生の宝物は何ですか?」
回答:「マンガを読んでくれるみんなとウチの猫です!!」

ステキ・・・!!(ほわーん)

・WJ34号・標的347「マーモンと新戦力」の感想はこちら。
・WJ37号・標的349「ふとした疑問」の感想はこちら。

・INDEX-WJ感想に戻る。
・TOPに戻る。

<REBORNに関係ないから床下>

近未来杯「叢鋼」、面白かったです。
エントリー作品の中では今のところ自分的にダントツ。ぜひ連載で読みたいです♪

|

« REBORN(リボーン)35巻感想 標的331〜341 その1 | トップページ | REBORN(リボーン)35巻感想 標的331〜341 その2 »

●01.WJ感想」カテゴリの記事