« REBORN(リボーン)標的388感想(ジャンプ(WJ)2012年28号) | トップページ | REBORN(リボーン)標的390感想(ジャンプ(WJ)2012年30号) その1 »

REBORN(リボーン)標的389感想(ジャンプ(WJ)2012年29号)

※WJ2012年29号の感想です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。●WJ感想

       標的389「ツナ動く」
*************************************
          「力を貸してくれ」
*************************************

はい。今週は激動あり涙ありしみじみありほのぼのあり隊長あり王子なし、となんだかもりだくさんな回でした。自分はバトルも好きだけどバトルとバトルの間の日常感がやっぱり一番好きで、でも今回の幕間はシリアスの影にずっと覆われているようなそんなちょっと薄暗い感じで独特の雰囲気があったんじゃないかと思います。作中時間が深夜っていうのも大きいかも。

ツナ:「昨日の闇討ちでやられたの!?」

本編は沢田家・ツナとパパンのシーンから。パパンがケガをしていることもあってか、気まずくなるかと思われた親子関係は大丈夫なようです良かった。ツナが着替えているので、たぶんお風呂上がり。ほっぺたの絆創膏も自分で貼り直したんでしょうか、傷の手当てとかメローネ基地(懐かしい)でスパナさんにやってあげてたときよりもだいぶ上達してるっぽいのが嬉しいやら悲しいやら。です。スパナさんついでに言うと、もうヴェルデチームと敵対する理由が無くなってしまったので、ヴェルデさん装置に対抗するためのマスィンを鋭意開発しているだろうマイラバー&正ちゃんコンビの出番は(禁)

今頃なにしてるんだろう本当・・・はあ・・・(ため息)

家光:「父さんがヘボかったばかりにな」

パパンはケガの理由を「ヘボかったから」とだけ言って、ママンをかばったことはツナに言わなかったんですね(たぶん)ママンが復讐者に攻撃されたと知ったらツナがショックを受けるだろうし、また何かの拍子にツナを通じてママン自身の耳に入ってしまうことを危惧したんじゃないかと思います。

代理戦争ツナvs.パパン戦ではパパンの所業に大分ぶち切れてた自分ですが、パパンはパパンなりにやっぱり家族を大切に思っていて、守ろうとしてるんだなあと思いました。とはいえ、うん、やっぱり入院くらいはした方がいいんじゃないでしょうかいやまじで(心配)

そして幻覚でなんとかするんだろうと楽観していた沢田家屋根が普通に壊れてるので、しかもパパンも大ケガしているので、気を失ったまま寝ちゃったと(勝手に)推察している奈々ママンへの朝の言い訳は、ううん、どうするんだろう・・・また石油ネタとかでダイナミックに誤魔化すのかな気になるそれ気になる。

ヴェルデ:「なんだと!?」

このアルコバレーノ(-スカル)の会合は、うん、シリアスでしたね・・・。マーモンの「僕は聖人じゃない」が切ない。今のところ、バミューダの提案に賛成なのはリボーン1人だけで反対はコロネロ、マーモン、ヴェルデの3人。まだ意思表示なしがユニちゃん、風さん、スカルの3人。そしてみんな微妙に体調も悪いとか(しくしく)しかしということは、特にリボーンとか風さんとかも、あの呪解は全力じゃなかったってことになりますね。アルコバレーノ恐るべし。

ツナ:「のどかわいた・・・」

眠気も疲れもあるはずなのに眠れないツナがまた切ないそしてツナの生足は素敵(おだまり)さらに本当に、本当に久々のランボさんタイムにつかの間の幸せを感じるランボさんファンでしたかわいい!かわいい!!盗み飲みしちゃうランボさんCM来るレベルでかわいい。ああかわいい。自分もブドウのアメちゃんあげたいですああよしよしよしよしなでなでなでなですりすりすり。

ツナ:「なくなった分を・・・注ぐ?」

そんなランボさんになにかのヒントをもらったらしいツナです。わお。未来編でも、ハルや京子ちゃんの意図しない言葉にヒントを得て成長してきたツナですが、今回のキーマンはランボさんだったようです(かわいい)(しつこい)こういう自然な絆っていいな!そしてこれ普通に考えたら、炎を失ったおしゃぶりに、なくなった分の炎を注ぐ、ってことでいいんでしょうか。

バミューダさんによれば、「おしゃぶりが空になれば本来なら即死か廃人。おしゃぶりは復讐者の物のように石になってしまう(中略)新たな炎で空のおしゃぶりを満たすことに成功した」とのことで。そのバミューダさんの場合は「夜の炎」を自家発電した結果、生き続けている。つまり「優勝者が決まった直後の数十秒」にスキをついてさくっとチェッカーフェイスを倒しつつ、新たな炎をおしゃぶりに注いで炎の枯渇を防ごうぜ、ということでいいのかな。間違ってないかな。

ツナ:「夜遅くにすいません9代目!」

携帯知ってたのね、な9代目おじーちゃんが電話越しに久々の登場(?)です。イメージ映像でもいいからお顔が見たかったのう。そしてお出かけするツナは三たびお着替え。ツナのファッションの基本(秋Ver.)は、「Tシャツ+パンツ+フードパーカー+スニーカー」なんですね。フードついてる服かわいくて好きなので嬉しいです。あと人目さえなければほんとどこへでもひとっとび、なのは羨ましいな。これ便利だな。

ツナ:「失礼します!お久しぶりです!」

で、ツナの訪ね先。手がかりとしては、

・ツナが会ったことのある人
・9代目ゆかりの人
・普段は海外(イタリア?)在住
・ツナが敬語で話す相手(年上?)

つうか書いてる端からタルボさんしか思い浮かばないんですけどどうかなどきどき。ヒツジの姿が見当たらないのが気になりますがどきどき。

ツナ:「話があるんだ」

こんな時間に普通に起きてるどころかいったいなにしてるのか全然分からない骸さん。です。ずっとソファに座ってんのかな、っていうか寝顔とかパジャマとか期待しちゃだめ!?だめだったの!!??(落ち着きましょう)そして白蘭さんはのんびりましまろ食ってると思いきやむしろ食いながら寝オチてたに1票ですTシャツ姿とかなんかときめくよ!ましまろ誰の差し入れだろう、やっぱりユニちゃんかな。しかし「やあ君か」のカオとかなんか普通に笑顔すぎてびっくりするよなんかときめくよ!(2回)一時はどうなることかと思ったエンマ君も意外に元気そうで安心しましたそしてやっぱり起きてた隊長のアップが見れたからもう満足です全力ありがとうございまし!(深々)

ツナ:「力を貸してくれ」

ハイパーモードのツナがXANXUSと話すのって意外に新鮮です。超ツナはどうしてもバトル専用みたいな感じになっちゃうから、今回は飛行時だけじゃなくて会話も超ツナが担当するのかしらと思うとわくわく!通常ツナだとやっぱり腰が引けてギャグっぽくなってしまうのかしらいやでも今回は通常ツナでもちゃんと勇気出してXANXUSと向き合えるって信じてるけれども!これはちょっとまた次回が楽しみです。ヴァリアー出てきてくれるとテンション五割増しで上がるのです!ヴァリアー大好き!

今週の感想はここまでです。リボーン達アルコバレーノを助けるために奔走するツナがかっこいい・・・おしゃぶりに新たに炎を注入する(たぶん)という賭けに出るために、強い炎を持つ歴代ボスキャラ達に協力を仰いでいっているんだよね(たぶん)、うううツナかっこいいよ!これぞ主人公だよ!!(むせび泣き)

そして来週はセンターカラーですってわあい♪今年も入梅とともにそろそろ連載8周年&人気投票の季節がやって参ったわけですが、来週は「めだかボックス」が3周年&人気投票だそうなのでREBORNは普通のカラーのようです。それでももちろん嬉しいです♪

周年記念も人気投票も、去年はなんだかんだで8月末までずれ込んだのでどうなるか分かりませんが、夏のお楽しみと思ってのんびり待とうと思います。カラー、ツナとヴァリアーだといいな。39巻表紙とかもう素敵すぎて書店で目がやられるかと思いましたあの衝撃よもう一度。

・WJ28号・標的388「窮地」の感想はこちら。
・WJ30号・標的390「家庭教師失格」の感想はこちら。

・INDEX-WJ感想に戻る。
・TOPに戻る。

|

« REBORN(リボーン)標的388感想(ジャンプ(WJ)2012年28号) | トップページ | REBORN(リボーン)標的390感想(ジャンプ(WJ)2012年30号) その1 »

●01.WJ感想」カテゴリの記事