« REBORN(リボーン)標的390感想(ジャンプ(WJ)2012年30号) その1 | トップページ | REBORN(リボーン)標的391感想(ジャンプ(WJ)2012年31号)その1 »

REBORN(リボーン)標的390感想(ジャンプ(WJ)2012年30号) その2

※WJ2012年30号の感想その2です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。●WJ感想

       標的390「家庭教師失格」
*************************************
             「お前を 絶対に
*************************************

要するに京子ちゃんがラブリーだった感想その1はこちら。

タルボ:「よう来たな ボンゴレの末裔よ」

タルボじじ様きたぁぁぁ!!!相変わらず渋いたたずまいでいらっしゃる!こういう達人キャラ、最強のじーさま、そんなん大好きですかっこいい!そして「妙な胸騒ぎ」を信じて国際線に乗っちゃうじじ様まじ素敵。しかし「I世の時代からの彫金師」って地味にすごいですよね・・・タルボじじ様の年齢はだいたい120歳くらいと計算しておりますが、ううん、やっぱり長生きの秘薬的なものを持ってるのかな。そうなんだろうな。

ツナ:「バミューダの話を聞いて考えたんですけど」

ツナの考えたこと、の説明がここでありました。ツナ説明上手いな、学校の成績は悪いけど、こういうとこはやっぱりおバカじゃないんだよなーって嬉しく思います(にこにこ)で、タルボじじ様のお墨付きをもらったあとに各ボスたちを訪ね歩いた(飛んだ)ツナは、自分のアイデアを彼らに話して、今後の代理戦争をどうするかも話して、炎を注入することについては協力を仰いだって感じなのかな。エンマ君は大地の属性だから炎注入には役立てないかもしれないけど。

基本的に各チームはメンバーの属性がバラけているので、チーム同士お互いに協力しあわないといけないんだよね。たとえばヴァリアーにはマーモンに霧の炎を注入できる霧属性のメンバーはいないから、マーモンに炎を注入するのは骸で、逆にヴェルデに雷の炎を注入するのはレヴィで・・・とかなっていく感じなのかな。チームは違っても同じ属性の人たちが協力しあうとか、あらそれ素敵。個人的には了平兄さんとルッス姐さんの協力プレイが見たいです。

リボーン:「大ゲンカだ」

ユニちゃん入院は地味にショックですが、攻撃を当てちゃったマーモンも何気に気にしてそうだよね。こっそりお見舞いとか行ってたらかわいいと思います!かわいいと思います!!(2回)

ツナ:「オレ お前を絶対に死なせないから」

この最終ページのセリフに至るまでのラスト5ページ。ね。ツナがこんなに人を怒鳴ったのはたぶん初めてで、そこには怒りとか悲しさとかやるせなさとか、そういう気持ちのカタマリが渦巻いていて、でもそれってやっぱり愛なんだよなって思いました。ツナはリボーンのことが本当に好きなんだなって思いました。うん、良かったよ・・・今週本当に良かったよ!!まじ泣けんよ!!(思い出し泣き)

激昂するツナを前になにも言えなかったリボーンは、でもきっと、すごくすごく、嬉しかったと思います。こういうのがやっぱり長期連載の重みだよね。ツナがんばれ、がんばれっていつも以上に思ったよ。うううファンやってて良かったなあ!!ちょっともっかい読んでくるから!!

・WJ29号・標的389「ツナ動く」の感想はこちら。
・WJ31号・標的391「大召集」の感想はこちら。

・INDEX-WJ感想に戻る。
・TOPに戻る。

|

« REBORN(リボーン)標的390感想(ジャンプ(WJ)2012年30号) その1 | トップページ | REBORN(リボーン)標的391感想(ジャンプ(WJ)2012年31号)その1 »

●01.WJ感想」カテゴリの記事