« REBORN(リボーン)標的392感想(ジャンプ(WJ)2012年32号) | トップページ | REBORN(リボーン)標的393感想(ジャンプ(WJ)2012年33号) その2 »

REBORN(リボーン)標的393感想(ジャンプ(WJ)2012年33号) その1

※WJ2012年33号の感想その1です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。●WJ感想

       標的393「ツナの説得」
***********************************
  「死ぬ気の強さは 覚悟の強さだ」
***********************************

生 足 最 高 (帰れ)

センターカラーのユニちゃんの眩しすぎる太ももに軽く悩殺されましたなにこのキズひとつないおみ足!美脚!色白ッ!!先週も散々騒ぎ立てましたがREBORN女子は本当に顔良しスタイル良し性格良しな上に料理上手の裁縫上手、気性もしっかりしていて更に美脚、ともはや役満すぎて打つ手もありません。つうかユニちゃんまじかわいいな!!肩!この華奢な肩が!!(悶絶)

他方、残念なのは二点目の花、とにらんでいたマーモンなんですが、えええ、この体型シークレットぶりは逆にぜったい女の子でしょうが!と疑いたくなるガードの固さ。こんなんじゃ!泳げ!ないよ!!(おちつけ)まあその他男子連中(いっしょくた)もコロネロ以外はオールインワンなのでガード固いのはマーモンだけってわけじゃないけど、うう、マーモンの性別と素顔だけは今章でなんとか解禁してほしいんですまじ気になりすぎる。ああそして更に言うならラルの水着姿も見たかった!できれば大人姿で!(下心満載か)

うん、でもそういう不純な目線を差し引いても(どっこいしょ)、夏の始まり、梅雨明けにふさわしい綺麗でカラフルなセンターカラーで嬉しいです♪「青」のイメージがすっごい素敵♪と爽やかカラーを堪能したところで、以下本編感想です。今週は、うん、他の誰を傷つけられたときよりももっと、世界の未来を賭けて戦ったときよりももっと、リボーンを死なせないっていう一心で過去最強の炎を示すツナがまじ男前すぎて水着のユニちゃんとはまた別の意味の鼻血で大変でした。わあわあ!

奈々:「過労なんだって!だから幻覚を見たんじゃないかって先生が」

ママン病院から元気に帰宅。やっぱり沢田家にはいなかったのね。一泊くらい検査入院とかしてたのかも。あとあとご近所からいろいろ囁かれることは必至かと思いますがどうかお気になさらず。でも「幻覚を見た」って言えるってことは、一応見たことは覚えていて、それをお医者さんにそのまま話したら「(その非現実的な出来事は)幻覚でしょう」っていう結論に落ち着いたってことなのかな。微妙に薬物検査とかもされてそうでママン不憫(笑)(っていいのかしら)

そして復讐者騒動の間、存在を消していたランボさんはともかく、イーピンは現場を見てると思うけど、そこはマフィアの一員として口裏合わせてるのかな。あと料理上手のママンが鶏団子は既製品を買ってることが地味に意外(買い物袋チェック)(小姑か)

家光:「見たかったな 息子の晴れ舞台」

ずっと家をあけていたパパンは、ツナの学校行事とかそういうのには全然参加できてなかったんだろうなーと思います。運動会や授業参観に来てたのもママンだったし(懐かしい)

リボーン:「何ニヤニヤしてんだ」

京子ちゃんたちがツナ獄寺山本にお守りを渡す一幕、がまるまるカットされたことには素で涙を禁じえませんが(しくしくしくしく)、ツナのーアップがーかわいいからーいいかなー(ちょっとよくないけど)(ううう)いや山本はきっと「サンキューな!」って言って爽やか笑顔で受け取って(見たかった!)、獄寺は以前なら「いらねーよ」だったかもしれないけど今はきっとしぶしぶっていうテイでちょい照れながら「サンキュ」とかぶつぶつ言いながら受け取って(ぎょええ見たいぃぃ)、ツナは綺麗になったお守りをすごくすごく嬉しそうに「ありがとう!」って笑顔で受け取ったと思うし(ふぎょあああ!!!!)なんかこう、見たかった!見たかったよ!!(じたばた)

コミックスで加筆とまでは言いませんがなんとかオマケページとかで・・・その模様を・・・うがあああ・・・・(じたばた)

まだ全然進んでないし今週の山場はまだ先だけどタイムアップにつきいったん切ります。今週はツナがまじ素敵すぎて胸が痛い。
⇒あげました。感想その2はこちら。

・WJ32号・標的392「決戦直前」の感想はこちら。
・WJ33号・標的394「激突の日」の感想はこちら。

・INDEX-WJ感想に戻る。
・TOPに戻る。

|

« REBORN(リボーン)標的392感想(ジャンプ(WJ)2012年32号) | トップページ | REBORN(リボーン)標的393感想(ジャンプ(WJ)2012年33号) その2 »

●01.WJ感想」カテゴリの記事