« 不定期企画(ツナ★カン★リターンズ!) その2 | トップページ | 『むきになって -Fast zu ernst-』 »

REBORN(リボーン)標的395感想(ジャンプ(WJ)2012年35号)

※WJ2012年35号の感想です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。●WJ感想

    標的395「各個撃破!」
*********************************
       「どうだろーな」
*********************************

バジル君強えぇえぇぇぇ!!!(今週のあらすじ1)

最終ページやべえぇえぇぇぇ!!!(今週のあらすじ2)

スパナさんはいなかったけど泣いたりしません、次の出番はきっと冬くらいだろう(達観)

まずは表紙絵!なんでしょうねこのかわいくてかっこいくてかわいい3人組は!かわいい枠選抜ですかそうですか!バジル君とエンマ君はこの間のツナ会議で初対面かな、このトリオ見てるだけでも本当かわいっすねいいですねにこにこ!かわいくて強いとかいいですね!ねー!

しかし同じ14年の人生だけどまさに三人三様。ダメっ子から13歳で突然マフィアの次期ボスになっちゃったツナ、14年間の日陰人生から最近やっと浮上したエンマ君、たぶんずっとマフィア稼業なバジル君。いろいろ背負っちゃってる彼らだなぁと思うとこの表紙絵もなんだかしみじみ見ちゃいます。まあ単純な感想はどうぞにらんでください(Mか)

アレハンドロ:「リボーン・マーモン・ヴェルデチームが組んでの罠か!?」

お名前はあとあと分かるアレハンドロさん。名前の意味は特にないかな?スペイン系の名前みたいです。で、リボーンチームのツナがいて、マーモンチームの人形で、ヴェルデチームの装置を使った、ということから残る全チームの連携プレーだと見破ったアレさん。バジル君エンマ君の名前もちゃんと覚えてるし、重力に潰されながらよく頑張ってますありがとう。オルゲルトさんを思い出させるほどの名解説でツナ達の作戦が大変よく理解できましたありがとう。

アレハンドロ:「だがなぜ沢田綱吉とお前達なのだ?」

この後の展開を見るに、これは飛べる子チームなんだと自分は思ったけどどうだろう。とにかく機動力が大事、とか。もしそうだとすると、他に可能性があったのは白蘭さん、隊長、山本かな。こう見ると飛べる子って意外に少ないかも。

ジンジャー:「僕らの事 知ってるよね♪」

アレさんの2つのバッグから出てきたのはまさかの、でした。そうよジンジャーも正体不明のままだったからちゃんと伏線だったのよ、とポンと手を打つ次第です。そんなダブルジンジャーだけど手前の子はなんかかわいくない(涙)奥のジンジャーは相変わらずかわいい。1年前のカラーでひっさびさに会ったなと思ったけどあれもまた伏線だったんでしょうか(壮大)しかし未来の白蘭さんはとんでもないのを雇ってたんだな。どういう経緯で雇ったんだろう。

それにしてもジンジャーの衣装とかすっごいかわいい。これもアレさんがデザインしたのかと思うとちょっと心震えます。器用だな!自分はあんなボロ服着てるのに子どもにはいい服着せたいとか、なにこの親心。

ジンジャー:「君は終わりさ♪」

今回のジンジャーの敗因は、ひとえにツナに本体が人形だってバレちゃってたってことですね。アレさんも言っちゃってるけど。

ツナは、相手が人間以外なら手加減なし。ほとんど無敵。そのことを知らなかったなら、それは重大なミスですねバミュさん。そうなんですよ恐ろしや。

ツナ:「バジル!」

超ツナはバジル君のことは呼び捨て、分かっててもちょっと新鮮。そしてこの、ツナがダメージを与えてエンマ君が重力で押さえ込んでバジル君が切る、っていう連携プレーが素敵でした。きっとシミュレーション通りなんだろうな。チームワークいいな!

あとバジル君のメタルエッジの予想外の切れ味のよさにびっくり。バジル君強い・・・初期のツナ獄寺山本が三人がかりでも適わなかったスクアーロと対等に戦っただけのことはあります。なんかこう、性格穏やかで優しいのに本気出すとめっちゃ強いとか、しつこいけどいいですね、すごくいいですね!

アレハンドロ:「は!?」

ツナにさくっとバトラーウォッチを壊されちゃうアレさん、あなたお人形好きすぎです背後に注意。そしてこの「は!?」からの「しまった!バトラーウォッチを壊された!」の流れはなんだかいい感じのB級映画を見てるようで妙に楽しかった。まだCGとか全然ない時代の、白黒のバットマンとか今の感覚から見たら爆笑モノなんだけど、なんかそんな感じの懐かしい感じがした。しかも最終的にさっさと置きざられてしまうあたり、うん、ご愁傷様です(ちーん)またお人形作り頑張ってください(ちーん)

あとアルフィンにまたがるバジル君かわいいです。昔「イルカに乗った少年」っていう曲があったらしい(さすがにリアタイではない)

バミューダ:「また科学者トリオによる発明というところか」

「科学者トリオ」っていうネーミングがたいそう気に入りました(にこにこ)「リボーンマジック」といい、バミュさんはなかなかの素敵センスの持ち主だと思います(にこにこ)

バミューダ:「ビッグピノ君とスモールギア君の報告によると」

なんかかわいい名前だ!とチェック。90分のうち正味10分くらいでやられてそうなアレさんはともかく(酷い)、こちらのバトルが今回の本戦になるのかな。個人的には耳かき振り回して戦ってるスモールギアさん気になります。いや、うちにある耳かきが本当そっくりなんすよ。そのものなんすよ。

リボーン:「仲間の心配より自分の心配をしたらどうだ?」

この見開きの壮観なこと(鼻血)

左から、ディーノさん骸さん隊長ボス白蘭さん。一歩引いてるスクアーロ以外は全員がなんらかの組織のボス、骸さんXANXUS白蘭さんにおいては長編章のラスボスですからね!身長も180オーバーが4人並ぶとそれだけで圧倒される。現代白蘭さんはそこまで大きくない気もするけどどうかな、だから浮いてんのかな。ついでに態度も浮いてるな。そのジャケット羽のとこどうなってんの、と気になりつつ。うんさっきのツナエンマ君バジル君と違ってチームワークはまるで期待できそうにないけど(率直な感想)、ここは強さを極めた者同士、打ち合わせ不要の連携プレーとか見せてくれたらかっこいいです!

あと、敵のボス格(イェーガーさん)に主人公(ツナ)以外が当たるっていうのがなんだか楽しい。ディーノさんとスクアーロの同級生コンビとか特に好きなので共闘見たいです。白蘭さんと骸さんも未来での因縁とかで毒舌吐きながら協力バトルしてくれたら楽しいし、vs.ヒバリさん以来のボスのバトルにも期待してる。イェーガーさんに負けないでね!頑張れー!!(ドンパフ!)

さて、最終ページで白蘭さん出てきたときは「あれバトラーウォッチの数おかしくね?」と一瞬思ったんですが(自分の記憶が不安になった)、名解説者のアレさんが「メンバーを作り直したのか!?」と言っていたので、たぶん(それが許されるとして)余りウォッチを使っただけじゃなくて、誰かのウォッチをはめ変えたんですね。確かに、もしウォッチが無傷なのにバトラーが負傷した場合とかはめ変えられないと困るし。

ウォッチを譲った人は、妥当なところだと、まずは復讐者相手だと怖くて戦えないフランかな。あのビクつきっぷりはこの展開への伏線だったのか(たぶん)

で、フラン以外でまだ出てきてないバトラーは、獄寺、山本、クロームちゃん、犬、千種。獄寺山本クロームちゃんの3人はバトラーとして残ってると信じたい。犬千種は、うーん、とりあえずどちらかはヒバリさんにウォッチを渡してそう。あとは、パパンは怪我人だから、候補はγさんか、あーちゃんか、了平兄さん。の誰かと予想しておきます。

呪解リボーンという切り札も残して、今のところ布陣が鉄壁すぎるので、未登場バトラーたちの出番はあるのかな~とか余裕の発言をしても大丈夫でしょうかどきどき。とりあえず最終ページのボンゴレンジャーにはイェーガーさんに順当に勝ってほしいです。ボンゴレの人2人しかいないけど。

今週の感想はここまでです。掲載順も真ん中くらいまで上がってちょっと嬉しい。8周年記念カラーはまだかなまだかな!(うずうず)

・WJ33号・標的394「激突の日」の感想はこちら。
・WJ35・36合併号・標的396「連合チーム」の感想はこちら。

・INDEX-WJ感想に戻る。
・TOPに戻る。

|

« 不定期企画(ツナ★カン★リターンズ!) その2 | トップページ | 『むきになって -Fast zu ernst-』 »

●01.WJ感想」カテゴリの記事