« えっ・・・ | トップページ | 標的398追記:スクアーロのこと。その2 »

REBORN(リボーン)標的398感想(ジャンプ(WJ)2012年39号)

※WJ2012年39号の感想です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。●WJ感想

   標的398「VS.イェーガー」
*********************************
       「圧倒的すぎる」
*********************************

今週は、むり。

いやもう精神的ダメージは最大級で、読んだ直後はリアルに床に崩れ落ちてドクドクする心臓を押さえてうずくまってました。動けませんでした。そのあと夕方までずっと部屋の隅でひざを抱えていた(かった)んですが(現実は仕事)、その後自分の中で安心材料を見つけられたので感想を書こうと思います。先に書くと安心材料とは、

白蘭さんがいるじゃないの。

山本を助けてくれた白蘭さんがこの場にいるじゃないの。我らが癒しの天使が!いるじゃないの!!(おまえそんな形容いままで使ったことあったか)

いやこの解にたどり着くのに本気で半日を要したあたり本当にショックだったことが分かります自分でも。正解かは分かりません・・・でもこの仮解を持つことでなんとか生殺しの一週間を生きられそうでよかったです。うすうす分かってたけど自分のREBORN依存はちょっとまずいレベルかもしれない。

で、短めになりますが本編感想です。まず扉絵はノーコメント(怒ってるらしい)

その手を見るだけでいらいらするのでノーコメント(怒ってるらしい)

獄寺:「バトラーウォッチが壊されちまった」

さてアオリによれば、先週の描写どおりセカンドゴールとバナナパフェは退けられたようで一安心。そして獄寺と山本のウォッチが壊れて2人はここで脱落、と。良かった!本当に良かった!!なんかもう危ないからバトルしなくていいです(作品全否定)

しかし2人のウォッチを壊したのは獄寺のダイナマイトだと思うと、SGさん&BPさんはやっぱり実力的には小粒だったのですね(ソフト表現)

了平:「漢我流!」

自分の好きな匣アニマルNo.1の漢我流が久々の登場で、これは嬉しかったです♪相変わらず凛々しい女子っぷりで素敵。この見開きページは了平兄さんと漢我流で占領されていて非常にいい感じでございます。バジル君もこれできっと大丈夫だよね。ヤケドのあととか残ったら泣く(自分が)

ツナ:「でもみんなで立てた作戦の計画がある それは崩せない」

3手に分かれてバトル、だけが作戦じゃなくてまだ続きがあるんですね。大御所ヒバリさんもまだだしそれはそうか。「一緒に行って戦う」な健気なクロームちゃんと嫌がるフランがかわいかったです、と逃さず触れておく。フランの顔かわいい!

白蘭:「ジャンケンで勝ったんだ♪」

またそうやってタイマンバトルに持ち込もうとする、とのんびり思ってましたこの時点ではまだ。しかしこのメンツでジャンケンしたのか・・・ボスさんよく応じたな。そして勝つ白蘭さん、うんジャンケン強そう(なんとなく)

この後の思わず目を背けたくなる展開ですが、セリフを最少限に抑えてバトルを描写した数ページはかっこいいですね、結果が結果でなければ(泣)

起こったこととしては、

1.白蘭さん:白龍で攻撃

2.イェーガー:ショートワープで白龍を倒す

3.イェーガー:身構えた白蘭ではなくXANXUSを襲う

4.イェーガー:XANXUSの右手を落とす

5.XANXUS:左手の銃でイェーガーを撃つ(ヒットせず?)

6.スクアーロ:背後からイェーガーを剣で攻撃

7.イェーガー:背後からスクアーロを攻撃

8.イェーガー:スクアーロの剣を破壊し身体を貫く(心臓じゃないと・・・思う)

、というところでしょうか書いててつらい・・・。スクアーロは最後に(最期じゃないよ!)無意識にボスをかばったのかもしれない、と思うと余計に切ないです。あとボスの無くなってしまった腕がスクアーロの逆腕(右)であることに意味がないといいと思います。

そんな切ない符号はいらないです。

XANXUS:「おいカスザメ 起きろ」

倒れたスクアーロを見て、ボスが怒ってる(身体のアザが浮かんでる)ことに今読み返して気づきました。初読の時点ではそれにも気づかないほど動揺してました本当に。

そんな感じで今日は本当にありえないほどに落ち込み動揺していて、もうスクアーロの容態が分かるまでちょっとしばらくこの回は読み返せないかな・・・荒ぶりツイートでTLを汚してしまったツイ友のみなさまには本当すみませんでした。怖いのは来週もで、残るボス白蘭さんディーノさん骸さんがイェーガー相手に戦えるのか、新たな犠牲者が出てしまうんじゃないか、そう思うと胃痛再びって感じです。あと3分はツナも来れないし、どうなってしまうんだろう。怖いです。

とりあえず隊長については、上で書いたとおり白蘭さんが山本のときのように治してくれると信じたい信じさせて。応急処置ならクーちゃんでもいいし、ツナ達の方にちゃんと救護班がいたように、こちらにも救護班が待機してるって信じたい信じさせて。

しかし、ここまでされても、イェーガーさんを嫌いとかは(まだ)ないんですよね。戦争に単純な善悪はないと思っているし、この場にいる人はみんな選んで戦場に立ってる人だから。自分も、できるだけぎゃーぎゃー騒がずに彼らを信じて戦いを見守りたいと思っています。もちろん、隊長がまた元気な顔を見せてくれることを心から期待しながら。

⇒ちょっとだけ追記。標的398追記:スクアーロのこと。その2
⇒さらに追記。標的398追記その2:希望の鎖

・WJ38号・標的397「ボンゴレの力」の感想はこちら。
・WJ40号・標的399「窮地」の感想はこちら。

・INDEX-WJ感想に戻る。
・TOPに戻る。

<REBORNに関係ないから床下>

そんな感じでまだ他の作品は全然、なんですけど、今日和老先生の読みきり「放課後アイドル」は先に読みました。NEXT!の「ソラソラ」も絵がキレイで面白かったので今回もそうおかしなことにはなるまいと思っていましたが、やっぱり絵が安定してるしキャラの好感度高くて読みやすくて良かったです。アルトちゃんかわいいや(にこにこ)

|

« えっ・・・ | トップページ | 標的398追記:スクアーロのこと。その2 »

●01.WJ感想」カテゴリの記事