« ワールドトリガー第22話感想(ジャンプ(WJ)2013年33号) | トップページ | ワールドトリガー第23話感想(ジャンプ(WJ)2013年34号) »

たらたらリボバナ。その2

またぶつぶつ言いますすみません。前回のだらだら記事(これ)から2ヶ月ほど経ちましたが最終巻にはいまだ手を出せておりません。完結1周年(11月)までにはちゃんと向き合ってコミックス感想などもきっちりシメたいと思いますが。思うのですが。

天野先生の新作「エルドライブ」(宙太くんかわいい!)が来月発表になるこのタイミングではありますが、はああやっぱりREBORNが完結したことが寂しいです寂しいのです。いま週刊感想書いてる大好きなワールドトリガーの連載が軌道に乗ってきてそれはもちろん飛び上がるレベルでめっちゃ嬉しいんですけど、でも裏ではリクエスト小説せこせこ書いてて割りと毎日レベルでREBORNのこと考えながら生きてるので、なんかこう、ちょっとしたときにぶわっと寂しさが来てしまうのですぐすん。

こういう言い方するとほんとアレですけど、表(ブログ)に出す出さないは別として、なにかREBORNに関する妄想したり記事書いたり小説書いたりしていると、なんだか遠くにお引越ししてしまった大切な友達たちにせっせと手紙を書いてるような気持ちになります。手紙というかファンレターっぽい感じで。好きだよー大好きだよーって一方的に送り続けてます今も。今でも。彼ら彼女らのことが本当に大好きです。涙が出るほど。

・INDEX-その他雑記に戻る。
・TOPに戻る。

|

« ワールドトリガー第22話感想(ジャンプ(WJ)2013年33号) | トップページ | ワールドトリガー第23話感想(ジャンプ(WJ)2013年34号) »

●08.その他雑記」カテゴリの記事