« ワールドトリガー第37話感想(ジャンプ(WJ)2013年49号) | トップページ | ワールドトリガー第38話感想(ジャンプ(WJ)2013年50号) その2 »

ワールドトリガー第38話感想(ジャンプ(WJ)2013年50号) その1

※WJ2013年50号の感想その1です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。●別館:「ワールドトリガー」のページ

  第38話「空閑 遊真⑥」
*********************************************
  「子供が想像するよりも世界は残酷だ」
*********************************************

今週はバトルどかーんみたいなドラマチックな展開はなかったけど、自分的に爆萌えするポイントが2つあったので順番すっ飛ばしてとりあえずそれ書きたいと思います!まずひとつめ!とっきー!!ウイラブとっきー!!!

Q1.
1週間に2回ある訓練の1回ごとに20点を取れる。1回あたりの訓練は4つ。2900点を取れるのは何週目か

A1.
(2900÷(20×4×2))=18.125(約19週目)

Q2.
19週間は何日か

A2.
19×7=133(日)

この暗算を!会話の中で!一瞬で!できちゃうとっきーの頭の良さね!その計算能力にひれ伏す勢いです自分ぜんぜん計算とかできないから!頭いい!暗算得意なの?すごーい!

で、ふたつめは太刀川さん!いや出てないよ出てないんだけど出てないがゆえに吹いたというか。最初会議シーン読んだときに妙な違和感を感じて、その違和感の正体に気づいた瞬間本気で壁に頭ぶつける勢いで笑いました。A級3位隊の隊長の風間さんがいてA級1位隊の太刀川さんが完ハブされる件について!迅さんいるのに風間さんいるのに!

推測だけど、太刀川さんはとにかく腕が立つけどそういう指揮官向きじゃないって判断されてるのかなあ。その点で期待されてるのは風間さんなのかも。それにしても太刀川さん・・・ははは!!(酷い)

いやでも真面目な話、この会議に呼ばれたメンツがボーダーの幹部候補生なんじゃないかと思ってます。つまり玉狛の迅さんと城戸司令派の風間さん。

そしてそうなると、忍田本部長派の嵐山さんがいないことが気にかかる。いや太刀川さんがいないのはネタ的に大変おいしいのですが(酷い)嵐山さんが呼ばれてないことはちょっとシリアスに気になります。幹部候補、忍田さんの片腕、そういう風には期待されてないってことなんだろうか。

いい人すぎて他人をたばかるとかそういうことできないタイプだから上層部には上がれないのかもしれない。もしくは一人だけ大学生だから(風間さん太刀川さんは学生じゃないよね)、ボーダーには学生の間しかいないって明言してるのかもしれない。気になる。まあ城戸司令派でA級1位で忍田さんの弟子である太刀川さんが呼ばれてない破壊力の前には霞みますが、かなり少数精鋭の会議だけにその顔ぶれにもやもやします。このキナ臭い組織の中でまっすぐに生きようとしてる嵐山さんが好きなので、それだけに彼の立場がちょっと心配になりました。利用されちゃだめだよ・・・!

タイムアップにつきいったん切ります。続きはできるだけ早めに。
 →あげました。感想その2はこちら。

巻末コメント:「地域によって1・2巻が品薄に。お求めの際は書店でご注文頂けると助かります

WJ49号・第37話「三雲 修⑥」の感想はこちら。
WJ51号・第39話「空閑 遊真⑦」の感想はこちら。

・別館:「ワールドトリガー」のページに戻る。
・TOPに戻る。

|

« ワールドトリガー第37話感想(ジャンプ(WJ)2013年49号) | トップページ | ワールドトリガー第38話感想(ジャンプ(WJ)2013年50号) その2 »

●14.ワールドトリガー感想」カテゴリの記事