« 「Rebo to Dlive (リボドラ)」感想 その2 | トップページ | J-WORLD「ワールドトリガー展 ミニ」に行ってきました♪ »

ワールドトリガー第59話感想(ジャンプ(WJ)2014年24号)

※WJ2014年24号の感想です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。ワールドトリガー感想

  第59話「大規模侵攻⑨」
**************************************
    「あとは臨機応変に」
**************************************

忘我の涙が止まらない(たのしさで)(しあわせで)

いやなんかもう今週やばい今週やばい今週やばい(エンドレスリピート)どうですかどうですかこれ!新新3バカによる縦横無尽の大活躍!これですこれですこういうのずっと見たかったんです!去年の秋の黒トリ争奪戦からずっと!具体的に言うと出水先輩の活躍が!緑川くんは割と最近もエピソードあったし、よねやんは黒トリ争奪戦だけじゃなく駅ホーム戦も修vs.緑川君戦でも出番あったし、なんでか全然エビフリャーしか出番がなかった出水先輩のガチバトルがようやく見れて気分は「ああああああ!」です!ああああああ!嬉しい!ありがとう!幸せ!

出水:「柚宇さん 柚宇さん」

1コマ目から相当やられましたやだ「さん」付けやだー!素敵!なぜ2回言った!おねだりっぽく言った!かわいい!好き!(好意だだもれ)

国近:「ほ~い」

かわいい(確信)

ゆるふわ脱力たれ目女子かわいいよかわいいよ背後のゲーム機相変わらずすごいよ。そしてここにきて気になるのがオペレーターちゃん達の選抜方法で、筆記試験とかで一括で選ばれて隊への配属は本部が自動的に割り振るのかなって根拠なく思ってたんだけど、栞ちゃんはなんとなく風間さんが指名したっぽいし(相性の良さ的に)A級1位隊のオペレーターの国近ちゃんは実力もオペ内トップなのかとか、そうじゃなくてみんな汎用的に能力高い感じなのかとか。ううむ気になる。ただ今のところ太刀川さん、出水くん、そしておそらく唯我くんの3人分をオペしてるだろう国近ちゃんの能力は確実に高いだろうなとは思う。ご苦労様です(哀愁)

緑川:「あちゃー」

この顔がちょっと「お兄さん」(リリエンタール)に見えてたいそうときめきました。こういう顔もするのね!まったくそれどころじゃないけど!予想外に太一くん爆弾受けてダメージ来たけど!オペレーターちゃんによしよししてもらった!?だいじょぶ!?(混乱)

緑川:「いずみん先輩と同じタイプだ」

い ず み ん 先 輩 だ と (血眼)

先週の「よねやん先輩」にも相当のけぞりましたが偶然にもわたし米屋のことを勝手によねやん呼びしてたので自分の中では衝撃はなかったそこはそんなには。しかし「いずみん先輩」っておまえちょっと見ない間にかわいさに拍車かけてきたな!かわいい!だから葦原先生があざとさを覚えたら大変なことになるとあれほど(どれほど)(あざとさ違うし)

でも確かにこう、「ん」を付けやすい名前だなー2人とも。たとえば「おさむん先輩」とか「ならさかん先輩」とかはたぶん呼ばない。「こでらん先輩」とかはいいかもしれないけど。個人的には遊真は「ゆーま先輩」って呼んでほしかったかな!ひらがなかわいい!

米屋:「弾バカ族だな」
出水:「誰が弾バカだ槍バカ」

「弾バカ」呼びに徹底抗戦な構えの出水先輩かわいい。断じて認めないスタンスな出水先輩かわいい。君たち仲良しだなあにこにこ。クラスも同じなんだろうなあにこにこ。

米屋・緑川:「おいこら」

開始2ページですでに瀕死だった自分ですがもうこのやりとりにはそれこそ血反吐を吐く勢いですこの素敵なことと言ったら!!(絶叫)緑川君の目と口めっちゃかわいい。単位をナチュラルに「個」にしちゃう出水先輩かわいい。すべてが愛しい。

出水:「荒船さん 了解です」

ずっと荒船さん(仮)だったのが確定しました良かったスッキリ!「あらふね」って名前の響きが個人的にすごく好きです。「あらさわ」とか「あらかわ」とかの「荒」って漢字が入ってるお名前昔から好きなんです。荒船隊長、眼光鋭くて素敵素敵。その荒船さんは、このランバネイン戦で東さんと一緒にスナイパーズとして重要ポジション担ってくれるって信じてる。他のB級隊員と一緒に一掃されなかった意味がこのあと出てくるって信じてる。

国近:「「旧・三門市立大学」」

三門市は人口28万人とのことですが、市で大学を持ってるとはなかなか凄い。我が地元近くに横浜市立大学がありますがその横浜市でも人口は370万人くらい。三門市は人口は多くなくても実は政令指定都市っぽい感じなんだろうか。市立大学は横浜以外だと札幌や神戸といった大都市にあるものって感じなので、三門市はそのあたりもいろいろイレギュラーな存在みたいです。まあ舞台をひとつの「市」に限定してるのがワールドトリガーの特徴なので深読みするだけ野暮と思いますが!そう、ここで大切なのはバトルフィールドが(廃)大学ってところ!警戒区域だから放棄されちゃってるんだよね、遊真vs.三輪隊の駅ホーム戦もそうでしたが、こういう日常的な場所が舞台のバトルすごく好きです。

緑川:「このメンバーじゃ突撃しかなくない?」

年上にも基本タメ語な緑川くんかわいい。今のところまともに敬語らしきものを使ったのは修くんに対してだけで、それもまた美味しい気がしてきた。タメ口ききまくるA級緑川が唯一敬語を使うB級メガネ!いったい何者!?みたいなね!修くん最強伝説にまた箔がついちゃうね!!

出水:「変化炸裂弾(トマホーク)」
緑川:「グラスホッパー」
米屋:「幻踊弧月」

ふおお新技いっぱい!とめっちゃ滾りました自分が!オプショントリガー大好き!(興奮)ランバネインさん目線から見たA級どもの恐ろしさが垣間見えてすごく良かったですこのあたりの描写!緑川くんはかなり力推しするパワー型タイプかと思ったら、この後もそうだけど、なかなかクレバーな戦い方をしてて見直したというか惚れ直したというか。そして今さらだけどこんな強敵相手にひるまず向かっていけるみなさんは本当にすごいと思います。あとよねやんの腕筋すばらしい。駅ホーム戦といい、首を狙う戦法が十八番なんだろうな横顔もかっこいいな!緑川くんの「うひゃあ」かわいいな!

出水:「くらったら即死だな あれ」

バイパーを駆使して自分の位置を隠す出水先輩の知略ね!さすがいやらしい!そしてこの地形はボーダー側に有利そうでちょっと安心材料。ヒュース君も曲がる弾道のことは知らなかったみたいなので、バイパーはアフトクラトルにはないんだ。これもボーダー側に有利な情報です!がんばれみんながんばれー!

米屋・出水:「緑川!」

年上2人が緑川くんのピンチに反応する姿にたいそう萌えました。名前呼んだだけなんだけど、それでも感じられるこのピュア萌えな!先輩後輩素敵だな!

緑川:「「勝てる」と思ってるやつは隙だらけだな」

遊真くんとのバトルでは負けてしまったけど、そこで得た教訓をしっかり実戦に生かしてくる緑川くん。この姿遊真くんに見せたかった!消火器を利用しての作戦もほんと良かった!あと最終コマの表情(特に口)がめっちゃ好きです。このA級の誇りに満ちた顔が大好きです。

今週の感想はここまでです、二週間ぶりのワールドトリガーに全身の細胞が潤いを取り戻してゆく。あと「トレジャー新人漫画賞」の5月期審査員が葦原先生なので、「A級漫画家への道」と題して「第一回・”画面”の作り方」なる漫画の描き方アドバイスが見開き掲載されてます。葦原先生の至言およびレプリカ先生の冷静なまとめに注目です!

巻末コメント:「前号のコラボ企画楽しかった。海藤のデザインかっこいい。中二病の文言難しい

WJ22・23合併号・第58話「大規模侵攻⑧」の感想はこちら。
WJ25号・第60話「大規模侵攻⑩」の感想はこちら。

・「ワールドトリガー感想」のページに戻る。
・TOPに戻る。

|

« 「Rebo to Dlive (リボドラ)」感想 その2 | トップページ | J-WORLD「ワールドトリガー展 ミニ」に行ってきました♪ »

●14.ワールドトリガー感想」カテゴリの記事