« 『デイブレイカーズ』(雲雀&風小説) 前編 | トップページ | ワールドトリガー第66話感想(ジャンプ(WJ)2014年32号) »

ワールドトリガー第65話感想(ジャンプ(WJ)2014年31号)

※WJ2014年31号の感想です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。ワールドトリガー感想

  第65話「大規模侵攻⑭」
**************************************
    「お望みどおり遊んでやるぜ
**************************************

休載明けからの渇望からの大爆発、な今回でした爆発したのは自分ですが!わああ熱い!迅さんもヒュースくんも諏訪隊も大変大変素敵でしたが今回一番滾りまくったのはなんといっても鬼怒田さんです!同意の拍手が耳鳴りのように聞こえます!やっぱりあなたは自分が思ってたとおりの人だ!これは惚れる!!

迅:「思ったよりあっさり分断できたな」

待ってましたの迅さんのがっつり戦闘シーン!わー!地下道戦っていう場面設定が好きですかっこいい。千佳千佳チカチカさせるヒュースくんかっこいい。舌打ち迅さんかっこいい。そう舌打ち…このお行儀の悪い感じたまらん萌え…。

そして注目の迅さんの武器は第一回最上さん争奪戦のときにも使っていたスコーピオン二刀流でした。やっぱり風刃じゃないのね。確かにここで「非常時だから風刃返してもらいました」じゃ少しあっさりしすぎかなとも思います。黒トリ争奪戦の結末として「迅さんが風刃を(最上さんを)手放した」「あの戦いが2人の最後の共闘だった」ことの衝撃は大きかったので、今後も何かのたびに貸し借りできるような感じだと少しあのエピソードがもったいないかなと。いや個人的には迅さんに風刃使ってもらいたいよそりゃね!分かんないけどね!タイミング的に次の持ち主は正式にまだ決まってないはずだけど、この非常時に貴重な黒トリを宙に浮かせておくのももったいないし誰かが暫定で使うのかなあ。少なくとも三輪くん鋼さんは使ってないようだけど。自分はまさかの本部長説を推したいですが、どうかな。

そして二刀流といえば弧月二刀流の太刀川さん。スコーピオン二刀流の迅さんとのバトルが見たい…模擬戦もランク戦も普通にやりまくってるでしょ絶対!見たい!迅さんのランクはいまどれくらいなのかな、太刀川さんが今も「A級1位」なところを見るとまだ迅さん負け越してるのかなうふふ。見たいなあうふふ。

ヒュース:「思いのほか楽に捕らえられたな」

上の迅さんのセリフに対する意趣返しかなーと思います、実力派エリートに楯突くヒュースくんときめく。彼が「暗さに溶け込んだ」のは反射を利用してステルスしたってことでいいのかな。あとガチンされる迅さんが妙にえろく見えるんだけど自分の目がおかしいのか迅さんの色気がおかしいのかDOTCH!!

迅:「なんでお前はここで見捨てられるんだ?」

実力派エリートの言葉になんだか見てるこっちが震え上がる勢いでしたこの見透かすような目!そして実際に見透かしてる!こわい!!

迅:「おまえの未来が見えるんだ」

そしてエスクードの使い方がまたえげつないこわい。これ一瞬ヒュースくんの身体を輪切っちゃったのかと思って相当戦慄したんだけどエスクードのデザインに救われてた良かった。潰れないけど動けない、ぎりぎりのところって感じなのかな。たぶんエスクード全体の大きさの設定によってこの隙間の大きさも決まるんだろうから、ヒュースくんの体格を計算に入れて出すエスクードの大きさを決めたんじゃないかと勝手に思ってる。逆に言えば潰すこともきっとできたけどそれはしなかったのね迅さん。なにか企んでる…?

そして「見捨てられる」っていうのは、やっぱり「ハイレインさんが」「ヒュースくんを」見捨てるってことなんだろうか。隊長のことを一番慕ってる感じがしてるだけにしんどい。言葉通りに受け取ると、ヒュースくんはこの地下道戦で迅さんに負けて、でもミラちゃんが(ランバネインさんにしてたみたいには)回収してくれないってことなんだろうか。なんでどうして。

鬼怒田:「いいか絶対に死ぬなよ!」

開発室長かっこいいまじかっこいい。そもそも戦闘員じゃないのにこの危険な現場にちゃんと出張ってるってだけでもその度胸の据わりっぷりに惚れてしまうというのに!逃げる部下に向けてのこの言葉が胸にがつんと響きましたお父さんだなあ…!!自分はもともと技術者タイプのキャラに弱くて、しかも誤解されやすいながらも実はちゃんと部下思いで妥協なく仕事に取り組む実力者だなんてまさに好みドストライクです鬼怒田さん。鬼怒田さんには人気投票でもそこそこの票を突っ込んでおりますゆえ、今後もぜひ密かなる男前っぷりを発揮していただきたいと思います!いけいけ鬼怒田さん!!

諏訪:「復帰早々クソめんどくせーのが来やがったな!」 

わああ諏訪さん復活わあああ!!!(絶叫)ごめんなさいもうこの大規模侵攻編には出番ないんだろうなとか勝手に悲観してて本気ごめんなさい。諏訪隊好きです諏訪隊!わっほーい!!(小躍り)このくわえタバコに銃構えて上から見下ろすアングルたまらん。堤さんも日佐人くんも嬉しかっただろうなあ隊長の復活!特に日佐人くんはこのまま諏訪さんが立方体のまま人生を終えるようなことになってたら本気トラウマっていうか闇落ちしてしまいそうだったのでそれも含めて良かったです。チームぽんきちの仕事が素晴らしい。

今回のトリオンキューブのように「すでに出来上がっているもの(製品)」を分解、解析して仕組みを調べることをリバースエンジニアリングというのですが(部品を組み立てて製品を作る普通の工程とは逆)、今回チームぽんきちが成し遂げたことはそれなんだと思います。すごい。このトリオン体を圧縮する技術がボーダーのものになったら遠征にももっと大人数で行けるだろうし、当真さんが遠征艇で足の置き場に困ることもなくなるだろうにとか。いやキューブ内の居心地は諏訪さんや木虎ちゃんに聞かないとわからないけどね!意外とふかふかで快適かもしれないよね!

風間:「ある」

おてて小さいかわいい(それだけ)(うん)

風間:「お前たちの武器はそれに適している」

近接戦になるアタッカーとは相性が悪いけど、中距離から乱射可能なガンナーならってことかな!確かに!あと歌歩ちゃんの斜め後ろからモニター覗くこの距離感に悶え倒すわたしが。頭の後ろから!風間さんの美声(予定)が!響くとか!!

諏訪:「お望みどおり遊んでやるぜ」

遊んでください(血眼)えっと、諏訪さんがエネドラさんに受けたダメージは本物だけれど、ベイルアウトする前に仮想戦闘モードに切り替えたから腕も身体も「見た目だけは」復活して、そしてここからはトリオン供給は無限だしベイルアウトすることもない(ボーダー側は無限に戦える)ってことでいいんだろうか、間違ってたら超恥ずかしいんだけど!

今週後半は「自分らはB級/相手は黒トリ」、それでもまったく臆することなく戦う諏訪隊がかっこよくて大変でした特に諏訪さん!身体が戻ったときの「ビュウン」のシーンも最後の挑発シーンもすんごいかっこいい。そしてさすがに黒トリを諏訪隊だけに任せることはないだろうからきっと救援も来る!ここは当真さんの見せ場が来るかそれともついに冬島隊長ご降臨か!とわくわくしてます!

お休みが1週だけとのことで心配でしたが、シナリオは相変わらず安定だし絵は少し線が太めな気がしたけど気がするだけかもくらいで大丈夫だったし、作品に対しての不安はとりあえず消えました良かった。しかしお忙しいことに変わりはないと思うので、どうか先生お身体気をつけてください、とネットの片隅で祈っております。

今後の展開としては、とりあえず「黒トリガーじゃない奴は雑魚!」なスタンスで来てるエネドラさんをノーマルトリガー陣でけちょんけちょんにしていただきたいです。うん、例えばここで遊真くんや天羽くんといった黒トリ使いが相手をしないところが物語の妙だよね。他のアフト勢はともかく、エネドラさんだけは絶対にノーマルトリガーで倒さないといけない相手なんだ。その価値観を壊してやらないといけないんだ、たぶん彼自身のためにも。

巻末コメント:「MADコンテスト優勝者VAVAさんに6巻のPVを作って頂きました!感動!」

WJ29号・第64話「大規模侵攻⑬」の感想はこちら。
WJ32号・第66話「大規模侵攻⑮」の感想はこちら。

・「ワールドトリガー感想」のページに戻る。
・TOPに戻る。

|

« 『デイブレイカーズ』(雲雀&風小説) 前編 | トップページ | ワールドトリガー第66話感想(ジャンプ(WJ)2014年32号) »

●14.ワールドトリガー感想」カテゴリの記事