« ワールドトリガー第79話感想(ジャンプ(WJ)2014年47号) | トップページ | ワールドトリガー第81話感想(ジャンプ(WJ)2014年49号) »

ワールドトリガー第80話感想(ジャンプ(WJ)2014年48号)

※WJ2014年48号の感想です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。ワールドトリガー感想

danger

danger

danger

    shineapple第80話「レプリカ③」appleshine
**************************************
        「ユーマを頼む
**************************************

ちょっと前からワートリをジャンプ+(電子媒体)で読むようにしてるのですが、今週はそうしといて本当に良かったと思いました朝起きておふとんの中で読んでそのまましばらくうずくまっていられたから!これ電車の中とかだったらうずくまることできないから!心配されちゃうから!良かったですいや良くないつらいああああああ!!!!!(うずくまる)

appleshine

ミラ:「私の役目……!!」

「大窓」が使えなくなってミラちゃんはもう大丈夫、と思ってたら、ううう…これ3つの攻撃のうち、1つは右腕、1つは左足、1つは右のお腹に刺さったのよね。痛い、痛いけど急所とかではないはず、と思って「肝臓 致命傷」で検索してみたら、あの、肝臓はがっつり急所でした「打たれると激痛。刺されると大量出血」ああああああ!!!!!ただ心臓と違って即死はしませんので失血さえなんとかなれば!的確な素早い処置さえあれば!大丈夫だから!!と夜中に人体臓器図を見ながら悶々とする。そして「痛い」んだよね当たり前だけど!うううまだ15歳なのに!!!

appleshine

ハイレイン:「我々の艇か!」

これすごくびっくりしました。ずっと本部入口の前に窓が空いてたのに、情報はちゃんと提示されてたのに、敵の艇に働きかけるなんて自分はまったく思いもよらなかった。敵を「倒す」必要なんてまったくなくて、退けられればそれでいいんだそうだった…。後に出てくる千佳ちゃんキューブのすり替えとトリガー解除は修くんの策、そしてこれはレプリカ先生の策。何重にも張られた知略が凄まじい。うわあうわあ…。

appleshine

米屋:「撃てェ!!!」

びっくりしたよねやんびっくりした!そして行方が気になってた出穂ちゃんもここに!ボーダーの中ですら「訓練生」扱いのC級の狙撃手隊が、黒トリガー持ちの大ボスに一矢報いるっていうこれすごい良いです。同じく黒トリ持ちのエネドラさんにB級諏訪隊が立ち向かったときも思ったけど、1対1じゃ敵うはずもない相手に、それぞれがそれぞれの「できること」を計算されたタイミングで実行することで勝ちを得るっていうのがめちゃくちゃ良い。そして「おれたちは部隊(チーム)」って言ってたよねやんはそれを本当によく分かっている人なんだな…一見、ただの戦闘バカみたいに見えるけど、彼は黒トリガー争奪戦のときからずっと、そのことを意識した戦い方をしてきてたよなって思いますそういえば。1対1では木虎ちゃんに負けたけど、出水くんの射程に引き入れることで木虎ちゃんの片足を奪いとっきーを落としたんだった。「損はしてない」「あとはよろしく」そう言えるこの人はすごく大局を見て頭を回す人なんだ。すいません好きです…。

appleshine

レプリカ:「命中した」

ここでハイレインさんを襲ったのは、完全に想定外だったであろう6本の「風刃」。本数の差は迅さんと三輪くんのトリオン量の差かな?迅さんは11本出せるからもし単純に考えるなら三輪くんは迅さんの半分くらいのトリオン量か…鉛弾を使うくらいだから少なくはないんだろうけど、爆量ってわけでもない感じ。とりあえずこのコマの三輪くん美しい。あとハイレインさんは三輪くんのギリ目の届く範囲にいたのかな?豆粒先生に位置を教えてもらって、そこまで近づいたってことで大丈夫だろうかどきどき。そして遊真くんの最後の攻撃な…総力戦だよ本当に(呆然)

appleshine

ハイレイン:「「金の雛鳥」を逃した以上 予定通りヒュースはここに置いて行く」

そしてここね。「予定通り」って言葉がなかったらここまで惑わなかったと思うんですよ、もう艇が出るまで時間もないし、ヴィザ翁とヒュース君のどっちかしか回収できなくてヴィザ翁を選んだんだなって。しかし「予定通り」とは…??

えっと、「神の国」であるはずのアフトクラトルがなんらかの原因でのっぴきならない状況にあるんじゃないかっていう伏線はぽちぽち張られてるのでたぶんその通りで、そのことに関係してるのかなって思います。ハイ様のセリフ的には、もし「金の雛鳥」が手に入ったらヒュース君は普通に回収して帰った。でも、手に入らなかったから置いて行く。アフトクラトルにしたら、金の雛鳥は手に入らないわ大事な戦力も置き去りだわでいいことない気がするけど、それをあえて「予定通り」とするのはどうしてだろう。

1.金の雛鳥が手に入らない=ミッション失敗=アフトの滅亡が決まった。なので、ヒュース君だけでも玄界に残らせて助けてあげたかった

2.またいずれ来たいから、マーカー的な役割として残しておいた

3.金の雛鳥が手に入らない=(なんらかの理由で)ヒュース君にも価値がなくなるので捨てていった

ぱっと考えるにこんな感じかな…1は悲しいけど、アフトのみなさんが若いヒュース君に優しいんだったら嬉しい。2はちょっとアフトクラトルを引っ張りすぎかな?と思ったり。いやアフト大好きだけどキオンとかリーベリーとかも見たいのです欲張りです。3は普通にありそうだけどどうだろう。なんらかの理由(便利な言葉)でツノがポロッと取れて普通の人になっちゃうヒュース君は普通にアリだと思うけど。そのツノじゃコンビニにも行けないし。

迅さんは「見捨てられる」って言ったけど、それはきっとヒュース君を置いて出航する艇のイメージを見たんだろうな。このいやらしい言い方、揺さぶりっぷりさすがです(戦慄)

appleshine

レプリカ:「お別れだ。ユーマを頼む」

そしてここ。フキダシがふにゃってしてるのが、もう、声が震えてるのかなって思えてすごく悲しくなりました…レプリカ先生どうなってしまうんだろう。自分を出し抜いた修くんに腹いせのトドメとかをしなかったハイレインさんは最後まである意味紳士だったと思ってるので、レプリカ先生にも無体なことはしないと思いたい。そしていつかまた会えると信じたい。というか遊真くんはすぐにかいつかか分からないけどレプリカ先生を探してアフトクラトルに行こうとするんじゃないだろうか。ああでも遊真くんも今の体のままじゃずっと時間があるわけでもなかったんだった…(泥沼)

自分的には、同じジャンプ作品の「ダイの大冒険」で死んだと思われたのち終盤で颯爽と登場したアバン先生とレプリカ先生の声が同じ方(田中秀幸さん)なので、レプリカ先生もそのへん踏襲してくるんじゃないかと希望をこめて睨んでおります。これは伏線!!(あがき)

appleshine

アフトクラトルの艇が引き上げて空が晴れていくラストシーンは本当にきれいだったと思います。ただ、晴れない心との対比がすごく皮肉っていうのがまた。攻める側も守る側も傷を負って、やっぱりクリーンな戦争なんてないんだなっていう思い。とりあえず新型相手に奮闘してた風間隊諏訪隊冬島隊に狙撃手チーム、そしてすべてのボーダー隊員たちにおつかれさまを言いたい。そして「晴れた!?」って言いつつしっかりC級を下がらせてる(たぶんハイ様の攻撃を警戒して)よねやんに惚れ直しつつ。撃たせて下がらせて自分が前に立ったんだね…かっこいい…。

とかとかずっとそんなことを言っていたいけど、修くん、修くん!!!何の因果か(たぶん計算で)一日前にROOM303が同じくジャンプ+で配信されて、まあその、めっちゃくちゃ面白かったけど内容が内容でしたから、ここにきてのこれは不吉な予感しかしなくて胃が痛い。大丈夫だって思うけど、信じたいけど、W主人公だしもっといえば4人が主人公だって言われてる以上、修くんがここでお星様になってしまう可能性なきにしもあらずんばイヤアアアアア!!!!駆けつけた遊真くんがまず見るのが血だらけで倒れてる修くんで、レプリカ先生いないし千佳ちゃんいないし、もうあのこいったいどんな顔するの…。千佳ちゃんが無事ってことはきっとその後わかることだけど、とにかくしんどい悲しい。そんな中で、「豆粒」をそっと手のひらに載せる三輪くんで完全に涙腺崩壊。なんて優しい子なの。

appleshine

今週の感想はここまでです。次が土曜日発売なのが救い、大規模侵攻の後始末的なことがいろいろ描かれるんだろうか。佐鳥は出るのだろうか。唯我くんや草壁隊長や6位隊や冬島隊のほかメンは出るのだろうか。もろもろ気になりつつ、そうっとそうっと待とうと思います。あとありえないだろって感じの掲載順については、そのうち新章スタートで巻頭カラー来てくれる前触れだと思いたいけど、そんな保証はどこにもないし怖いも怖いからいつもどおりアンケ出しますね。

appleshine

巻末コメント:「POP・ファンアートコンテストにたくさんの応募ありがとうございました!

appleshine

WJ47号・第79話「大規模侵攻23」の感想はこちら。
WJ49号・第81話「大規模侵攻24」の感想はこちら。

・「ワールドトリガー感想」のページに戻る。
・TOPに戻る。

|

« ワールドトリガー第79話感想(ジャンプ(WJ)2014年47号) | トップページ | ワールドトリガー第81話感想(ジャンプ(WJ)2014年49号) »

●14.ワールドトリガー感想」カテゴリの記事