« ワールドトリガー第98話感想(ジャンプ(WJ)2015年19号) | トップページ | ワールドトリガー第100話感想(ジャンプ(WJ)2015年21号) »

ワールドトリガー第99話感想(ジャンプ(WJ)2015年20号)

※WJ2015年20号の感想です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。ワールドトリガー感想

danger

danger

danger

    shineapple第99話「那須隊④」appleshine
**************************************
    「気持ちの強さは関係ないでしょ
**************************************

一週遅れての感想です。遅れはしましたがすごく思うところの多い回でございました…太刀川さんってそのやたらでかい存在感とキャラの割に内面を語られることが少なかったように思うので、そういう意味でもとても貴重。あとは太刀川さんの「鋼」呼びが一週で「村上」に戻ってしまったことに涙…これ単行本修正コースかなあ。むしろ「鋼」の方に修正してくれないかなあ、などとわがままを言う。

appleshine

熊谷:「援護がないあたしを狙うかもしれない」

今回の暴風雨っていう舞台はドラマ性を高めるという意味でも充分すばらしいのだけど、このコマのくまちゃんみたいに「髪が自然に乱れる」という意味でも大変すばらしいと思います!!今回たまたまかロングヘアのキャラはいないけど、加古さんや東さんなんかは暴風雨ステージだと髪がばさばさして大変そう。あと現実的じゃないけどエネドラさんも大概。

この後の鋼さんはレイガストの耐久性をわざと落としたのかな?そういうこともできるのかな。かなり割られてるからそれを利用したのかもしれないけど、どちらにしてもすごい。レイガストもスコーピオンも工夫次第でいろいろなるなかで弧月が一番人気ってのもまた渋くて素敵です。

appleshine

迅:「崩れない気迫がいい」

ここのメテオラからの迫力がすごく好きです。あとくまちゃんのスタイルの良さは何度見ても見とれる憧れる。

appleshine

太刀川:「気持ちの強さは関係ないでしょ」

観戦するC級をドン引きさせる太刀川さんの解説。常々思うけどこの解説役を決めてるの誰なんだろう気になります。この絶妙な配役!隊長じゃなくてもA級じゃなくてもOKみたいだし個人的には月見さんの解説とか聞いてみたい。

appleshine

太刀川:「勝負を決めるのは戦力・戦術・あとは運だ」

恐ろしいほどに現実的なセリフを吐く太刀川さん。最後に「運」を持ってくるあたり本当にね…。そしてやっぱりというか太刀川さん自身にはボーダーの活動に対して深い思い入れはないみたい。たとえば三輪くんみたいな思いのある人よりも、もっと言えば修くんみたいな明確な目的意識のある人よりも、一番強いのは「気持ちの強さのない」太刀川さんっていう構図がすごく残酷ですごくおもしろい。

今回のくまちゃんだって、別に「気持ち」だけがあって努力をしてない人ってわけじゃない。(たぶんだけど)ちゃんと鍛錬もして、作戦も考えて、チームの一員として頑張ってる。でもきっとボーダーではそれは当たり前のスタート地点であって、そこから更に工夫したりトリオンが多かったりあるいはもともとセンスや才能があったり、っていう人が抜きん出ていく厳しい世界なんだろうなって思いました。トップスポーツの世界というか、そんな感じ。

appleshine

熊谷:「玲の戦い方をイメージしたら」

玲!!!(興奮)

那須ちゃんは「くまちゃん」って呼んで、そのくまちゃんは「玲」って呼ぶのいいなあ。レイっていう響きも高貴でいい。とてもいい。

appleshine

三上:「熊谷隊員の残した罠も看破……!」

最後のこれ!くまちゃ!!!!!

こういう最後の意地みたいなのもアツいし看破しちゃう鋼さんもおおお!!!(机バンバン)これは鋼さんなんで気づけたんだろう、トリオン反応に明確な気配とかはなさそうだし、これぞ歴戦の勘(C級3バカ)なのかしら。どちらにしろレイガストを足カン(造語)しちゃう鋼さんかっこいい。品行方正で礼儀正しい感じの人がちょっとお行儀悪いことするの好きなのね!奈良坂くんの舌打ちとかね!!

appleshine

太刀川:「負けた方の気持ちはショボかったのかって話になるだろ」

男泣きともいえるくまちゃんの涙にわたしも涙。よく頑張った、よく頑張ったよ!!この経験がきっと次に繋がるから!!(机ドンドン)そして太刀川さんのこの言葉がまた…この一週間ことあるごとに思い返してたんですが、「勝負は気持ちでは決まらない、気持ちが強くたってそれだけでは勝てない」っていう現実、でもそれは裏を返せば「負けたから気持ちが弱かったってことにはならない」っていうこと。うおお深い。深いし、太刀川さんの厳しさと優しさ(と言っていいと思う)が垣間見れてじんわり嬉しい太刀川隊ファン。今回のランク戦は隊長2人が射手だから解説は出水先輩だったらいいなってほんのり思ってたけど、いやいやこのセリフは太刀川さんしか言えないや。ソロランク1位で年長者の太刀川さんしか言えないや。この構成の妙、相変わらずお見事でございます。

appleshine

感想はここまでです。今日出た最新号もすさまじかったので早めに追いつきたい。

appleshine

巻末コメント:「アニメOPが4月から変わります。SonarPocketさんありがとうございました!」

appleshine

WJ19号・第98話「那須隊③」の感想はこちら。
WJ21号・第100話「村上鋼②」の感想はこちら。

・「ワールドトリガー感想」のページに戻る。
・TOPに戻る。

|

« ワールドトリガー第98話感想(ジャンプ(WJ)2015年19号) | トップページ | ワールドトリガー第100話感想(ジャンプ(WJ)2015年21号) »

●14.ワールドトリガー感想」カテゴリの記事