« ワールドトリガー第101話感想(ジャンプ(WJ)2015年22・23合併号) | トップページ | ワールドトリガー第103話感想(ジャンプ(WJ)2015年26号) »

ワールドトリガー第102話感想(ジャンプ(WJ)2015年25号)

※WJ2015年25号の感想です。未読の方はネタバレ注意※
※最新の感想はこちら。ワールドトリガー感想

danger

danger

danger

    shineapple第102話「那須玲」appleshine
*********************************
       「悔しいわ
*********************************

appleshine

合併号と休載とで2週あいてのワールドトリガー。ついに単独サブタイトルを奪取した那須ちゃんに驚きつつ納得しつつ、内容はもうもう飢えて飢えてしにそうだったところに溢れんばかりのお水をじゃぶじゃぶと注いでいただいたような…筆舌に尽くしがたい面白さでしたありがとうございます!!

appleshine

太刀川:「いつもの那須の戦い方だ」

もはや手の内も出尽くした終盤戦、当たり前だけど、隊長って自分と自分の目の前の相手だけじゃなくて他の仲間のことや全体の戦局や一歩二歩先のことも常に頭において戦わなきゃいけないから本当に大変だよね。プレイングマネージャーというか。自分が手一杯で仲間に指示を出せない、なんて状態になってたら隊長はできない。そうなると戦場に身をおかずに落ち着いて全体を俯瞰できるオペレーターは本当に隊長の右腕なんだろうなって思います。すごく大切な役目。

appleshine

太刀川:「村上と太一はどんな状況でも来馬を庇うよ」

明かされつつあるようで明かされきらない鈴鳴第一の裏?事情。なんで?なんで庇うの?来馬先輩がすごくいい人で大好きだからっていうこと以外に何かあるのかしら。あとこれが今後の伏線じゃないといいなって思ってる!何かの理由でベイルアウトできない実戦のときに機能する伏線じゃないといいなって思ってる!!それはダメだ!!

この鈴鳴第一の特性?は、この隊がA級に上がるつもりがないってことでもあるのかな。名誉欲がなくて、別に固定給もいらなくて、遠征に行く気もなければ、今のままB級でいいと思ってるのかも。隊も組めるしトリオン兵の討伐も同じようにできるし、そういう隊があってもいいのかな。ランク戦へのモチベーションはどうしてるのかなとは思うけど。

あと太刀川さんが太一くんのこと太一って呼ぶの密かに喜んでますかわいい!「べつやく」ってやっぱり言いにくいのかしら。

appleshine

ヒュース:「そして部隊の合流を優先する」

観戦組映るの嬉しいヒュースくんかわいい。この分析力を買われてヒュースくんが玉狛第二のオペレーターに…ないか…。男性オペレーターにはずっと夢見てますすみません。加古隊は女子隊だからないだろうし、ヒュースくんと草壁隊にひっそり期待中。

appleshine

来馬:「人型近界民に比べたら那須さんなんてかわいいもんだ!」

これ太一くんが言ってたセリフだよね。自分を庇ってベイルアウトした太一くんの言葉をなぞって自分を奮い立たせる来馬先輩が熱い熱すぎる。今回でバトルはいったん決着したけど、玉狛第二はもちろん鈴鳴第一や那須隊の後日談はぜひ見たい…バトルと日常編をどうか交互にやってくれませんでしょうかどっちも大好きなので!!

appleshine

那須:「悔しいわ」

奮闘に奮闘を重ねた那須ちゃん、ここでベイルアウト。ひび割れる姿すら美しい…なんでこうも戦う男の子はかっこよく戦う女の子は美しいのでしょうか。今さらですが、このベイルアウトするときにトリオン体がお人形みたいに壊れていくのがなんとも刹那的で儚くて好きです。さらに激流から生還した遊真くんの表情もなんともいえない静かな迫力があって、激闘の決着に相応しいきれいな場面だと思いました。最後に空が晴れたのは戦いが終わったからなのかな、なんとも粋な演出…鬼怒田さんの設計?

appleshine

戦いの結果は4-3-2で生存点を入れても僅差。これもし茜ちゃんが自主ベイルアウトして遊真くんに1点を与えなかったら玉狛第二と那須隊は同点だったんだ。勝つためにはそこはきっと反省点なんだけど、エースを相手に退こうとしなかった茜ちゃんの気迫はそれこそ「記録よりも記憶に残る」ってやつだったし、遊真くんの片腕を奪えてなかったらその後の戦局がまた変わってたかもしれないし。那須隊も鈴鳴第一も負けたんだけど、でも各隊の強さが充分に伝わってきてて戦う前よりもすごく強く見える不思議。

1チーム3人ずつの計9人がそれぞれの思いで戦って、全員にちゃんと見せ場も役割もあって、ものすごく見ごたえのある戦いでした。みんなにおつかれさまを言いたいです。

appleshine

太刀川:「こいつはたしかに曲者だ」

A級1位隊の隊長に「曲者」と言わしめる修くん。最後の表情は、勝った、けど点取れなかったな、っていう安心と反省かなあ。おつかれさま!本当に頑張った三雲隊長!!今夜は玉狛でパーティだ!!

appleshine

このB級ランク戦編は、本当にB級隊それぞれの事情に深く切り込み活躍を見せ、と盛りだくさんで、これ次にA級挑戦編そして遠征選抜編来たらどうしよう、と今からハラハラするA級クラスタ。いや自分が一番好きなの太刀川隊だから、A級1位だから、玉狛第二が太刀川隊に挑戦はしないかな…やっぱり三輪隊とかかな…でもどうなるかな…とかとか未来に思いを馳せてニヤニヤしたり。

あとあの、AAAの新OP「アシタノヒカリ」の配信が昨日から始まっていて、さっそくレコチョクでDLしてめちゃめちゃループ中。歌詞もすごくいいし本当にきれいな曲で嬉しいです!

appleshine

巻末コメント:「アニメの新OP、B級もいてうれしい。でもアフト勢で笑ってしまう。ミラ(笑)

appleshine

WJ22・23合併号・第101話「空閑遊真⑫」の感想はこちら。
WJ26号・第103話「玉狛第二⑦」の感想はこちら。

・「ワールドトリガー感想」のページに戻る。
・TOPに戻る。

|

« ワールドトリガー第101話感想(ジャンプ(WJ)2015年22・23合併号) | トップページ | ワールドトリガー第103話感想(ジャンプ(WJ)2015年26号) »

●14.ワールドトリガー感想」カテゴリの記事